ローコードとノーコードの違いとは?メリット・デメリットや選定のポイントをわかりやすく解説

ローコードおよびノーコードは、プログラミング経験の浅い非開発者でもアプリケーション開発が可能になる手法です。

ローコードやノーコードの開発ツールを利用すれば、ビジネスプロセスの自動化や顧客体験の向上など多くの効果を期待できます。また、開発に時間を費やすことが難しい企業であっても、高品質なアプリケーションを提供できるようになるでしょう。

本記事では、ローコード・ノーコードの定義や違いからメリットとデメリット、機能を中心に解説していきます。

さらに、ローコード・ノーコードのおすすめの開発ツールなども紹介していますので、ローコードまたはノーコードでの開発を検討されている場合はぜひご一読ください。

Nao Yanagisawa
監修者 Jitera代表取締役 柳澤 直

2014年 大学在学中にソフトウェア開発企業を設立

2016年 新卒でリクルートに入社 SUUMOの開発担当

2017年 開発会社Jiteraを設立
開発AIエージェント「JITERA」を開発

2024年 「Forbes 30 Under 30 Asia 2024」に選出

アバター画像
執筆者 ITエンジニア Hirose Takaya

新卒でITエンジニアとして3年ほど勤務した後、現在はフリーエンジニアの傍、IT分野を中心にライターとしても活動中です。歴代のクライアント様からは癖が無く読みやすい文章であると評価をいただいております。

\技術的な質問・コードの書き方もすぐに回答!/
開発・システムについて無料相談する
記事についての気軽な質問や、開発における進め方などお気軽にご相談ください。

    会社名必須
    必須
    必須
    Eメール必須
    電話番号必須
    ご依頼内容必須

    その開発、見積もり段階で諦めていませんか?
    アプリ・システム開発の見積もりを取ったは良いものの、コストや開発期間・カスタマイズなどが要因で断念した・何社も見積もるのが大変だったなどの経験はありませんか?

    アプリ・システム開発は生成AIを活用することで、従来の開発ではあり得なかった、低コスト・高品質開発・スピード開発が同時に実現できます。

    ▼従来の開発とAIを使った開発の違い

    Jiteraなら、複雑なシステムも最短2ヶ月で開発!
    Forbes30 under 30 Asia に選出
    Jitera(CEO栁澤)はForbes「世界を変える30人」として評価されたAI技術を持つ開発会社です。

    システムソリューションを得意とし、新規事業からDX推進まで幅広いジャンルの開発⁨⁩実績があります。
    \開発予算100万円〜でもご相談ください/
    アプリ・システム開発のご相談はこちら

    ローコード(ローコード開発)・ノーコード(ノーコード開発)とは?

    ローコードやノーコードは、プログラミングの専門知識に詳しいIT人材がいなくてもアプリケーションを開発するという考えの基に生まれた手法です。

    しかし、プログラミングスキルがなくても開発の前提知識はある程度必要になるので、ローコードやノーコードがどのようなものかをまず知っておくことが重要になります。

    そこで本セクションでは、ローコードとノーコードの定義や仕組みをそれぞれ詳しく解説していきます。

    ローコード(ローコード開発)とは

    ローコードとは、0からコーディングを行うよりも少ない工数でコーディングが可能になる開発手法です。

    ローコード開発を行うには、「何をするアプリか」を組み立てるための簡単な操作ができる特別なツールやプラットフォームが必要です。画面上で部品を選んで動かす、あるいは事前に用意されたテンプレートを選びながら、アプリの機能を組み立てていきます

    上記のように、ローコード開発ではビジュアル的な操作でアプリケーションが構築可能であり、ボタンの配置やデータベースへの接続といった複雑な処理もコードをほとんど書かずに実現できます。

    そして、要件に応じて既存アプリケーションへの組み込みにも対応できるため、広範囲な分野のシステムに適用できます。

    ノーコード(ノーコード開発)とは

    ノーコードは、ローコードと同じくドラッグ&ドロップのビジュアルインターフェイスを使用して、アプリケーションの作成やプログラムの実行を組み立てる開発手法です。名前のとおり一切のコーディングが必要なく、プログラミングの専門知識や開発経験が無い方であっても手軽に開発を進められます

    現在の日本は、慢性的なIT人材の不足に悩まされている企業が非常に多いため、ノーコードによるコストを抑えた開発を導入する動きが高まっています。

    その一方でコードを書く必要が無い分、機能のカスタマイズ性や柔軟性には欠けてしまうので、小規模なビジネスやスタートアップ、あるいは迅速な市場投入を目指すプロジェクトに最適です。

    ローコードとノーコードの違い

    ローコードとノーコードの違い

    プログラミングの深い知識が無くても工数を抑えつつアプリケーションを開発できる点はどちらも同じですが、ローコードとノーコードには以下のような違いがあります。

    ローコード ノーコード
    コーディングの必要性 あり なし
    開発の自由度 従来の開発と比べると低いが、

    ノーコードと比べると高い

    低い
    開発スピード 従来の開発と比べると速いが、

    ノーコードと比べると遅い

    速い

    本セクションでは、上記の表で挙げた違いについてそれぞれ詳しく解説していきます。

    コーディングの必要性

    ローコードとノーコードには、第一にコーディング作業の量の必要性の違いがあります。

    ローコード開発では最小限のコード記述が求められ、主にグラフィカルユーザーインターフェース(GUI)を利用してアプリケーションの設計を行います。そのため、最低限のプログラミングやITの知識は身につけておくことが必要です

    一方、ノーコード開発ではコーディング作業が完全に排除され、非技術者でもドラッグ&ドロップや設定を通じてアプリケーションを直感的に開発できます。

    ローコードとは異なり、全くプログラミングの知識がない方でも必要な部品を配置するだけで、コーディングやデバッグ、テストといった従来の開発プロセスを一度に実行できるのが特徴です。

    開発の自由度

    先述したコーディングの必要性の有無と開発の自由度の高さは比例します。

    ローコードは少量のコーディングが必要ですが、コードを書いている部分の機能に関しては、開発者がアプリケーションの要件に合わせて自由にカスタマイズを行えます。しかし、あくまでも一部分なので、すべての機能のコーディングを行う従来の開発よりは自由度が高くありません。

    一方ノーコードは、コードを全く書かずにツールが提供している部品を配置していくことで開発を行う分、そのツールが提供しているテンプレートや部品の機能を超える開発は困難を極めます。そのため、ローコード開発と比較すると自由度は非常に低いと言っても過言ではないでしょう。

    開発スピード

    開発スピードの速さについても、通常は必要なコーディングの量に比例します。

    ローコード開発では、コーディングによって高度なカスタマイズや複雑なビジネスロジックの実装が可能です。ある程度の専門知識や開発経験があって、工数を抑える目的でローコード開発を導入するのであれば、開発スピードへの影響は少ないかもしれません。

    しかし、知識やスキルが豊富でない企業が人件費を抑える目的で導入する場合ならば開発スピードは従来の開発よりも速いですが、ノーコード開発よりも遅くなるでしょう

    ノーコード開発ではコードを一切書かずにアプリケーションを構築できるため、開発スピードが非常に速く、知識やスキルの有無にあまり関係なく開発を行えます。

    ローコードのメリット・デメリット

    ローコード開発のメリット・デメリットをまとめると以下のようになります。

    メリット デメリット
    ・ユーザー側で機能を自由に実装できる汎用性や拡張性がある

    ・異なるソフトウェアやシステムとの連携が可能

    ・コーディングを大幅にカットでき工数を少なくできる

    ・自由度が低くセキュリティはプラットフォームに依存する

    ・最低限のコーディングが必要

    それぞれ詳しく解説していきます。

    メリット

    ユーザー側で機能を自由に実装できる汎用性や拡張性がある

    ローコードプラットフォームにはコードを書く余地があるため、開発ツールで提供されているものを超えた機能の実装が可能です。そのため、緊急で既存のシステムに追加のシステムを組み込む場合にも素早く対応できます。

    異なるソフトウェアやシステムとの連携が可能

    ローコードツールは異なるソフトウェアやシステムとの連携機能を備えています。たとえば、別のシステムで管理されている注文情報や在庫情報に一貫性を持たせた管理ツールの開発が可能です。

    コーディングを大幅にカットでき工数を少なくできる

    ローコード開発は必要なコーディング量が劇的に減るので、開発工数の短縮に直結します。たとえば、従来の開発期間は数ヶ月から年単位ですが、ローコード開発では数週間程度で完成できます

    デメリット

    自由度が低くセキュリティはプラットフォームに依存する

    ローコードプラットフォームでは、提供されるツールや部品の範囲内で作業を進める必要があり、通常の開発よりも独自のニーズに合わせた特殊な機能の実装が困難になります。そのため、制作したアプリケーションの安全性に関しても、使用したツールに依存してしまうでしょう。

    最低限のコーディングが必要

    ローコード開発はコーディング作業を大幅に削減しますが、複雑なビジネスロジックの実装や特定のカスタマイズを行う際には、最低限のプログラミング知識が求められます。開発チームには最低でも1~2人程度の技術者が必要になるでしょう。

    ノーコードのメリット・デメリット

    etf3

    ノーコード開発のメリット・デメリットをまとめると以下のようになります。

    メリット デメリット
    ・ソースコードを使わないので専門的スキルがなくても開発できる

    ・安定性の高いプログラムが作れる

    ・アプリケーションの完成後でも拡張可能

    ・使える機能やテンプレートがもともと決まっているので自由度が低い

    ・大規模で複雑なシステムには対応できない

    それぞれ詳しく解説していきます。

    メリット

    ソースコードを使わないので専門的スキルがなくても開発できる

    従来の開発は高度な知識が必要でしたが、ノーコード開発では用意された部品をドラッグ&ドロップして配置すれば完成します。そのため、非IT企業や部門でも顧客のニーズを捉えた製品を開発しやすくなります

    安定性の高いプログラムが作れる

    バグの原因はコードの記述ミスや例外の考慮不足が大半ですが、ノーコード開発ではコードを書かないので、エラー発生件数を大幅に抑えることが可能です。バグの少なさは品質の安定性や顧客の満足度の高さにも繋がります。

    アプリケーションの完成後でも拡張可能

    ビジネスの成長や変化に伴って新たな機能が必要になっても、コードを一行も書かずに機能の追加や調整が可能です。これにより、企業は市場の変化に迅速に対応しながら常に顧客のニーズを満たすサービスを提供できます。

    デメリット

    使える機能やテンプレートがもともと決まっているので自由度が低い

    ローコードと同様にテンプレートやブロックを組み合わせて開発を行いますが、プラットフォームが提供する機能やデザインの範囲内でしか機能を実装できません。そのため、特定の要件や独自の機能を含める場合には、ノーコードだけでは対応が困難です。

    大規模で複雑なシステムには対応できない

    ノーコード開発は主に中小規模のプロジェクトや単機能のアプリケーション開発に適しています。ノーコードのプラットフォームでは、複雑なデータ処理やカスタマイズした機能の実装に限界があるため、すべての要件を満たすためには従来の開発手法を併用する必要があります。

    ノーコード・ローコードツールとは?

    ノーコード・ローコードツールとは、ソースコードを記述しない、あるいは必要最小限のコードのみを記述してプログラムを作成できるツールです。

    ノーコード・ローコードでの開発を行っていくためには、通常の開発のような複雑な環境構築の手順を踏む必要はありませんが、専用のツールを導入する必要があります。

    そこで本セクションでは、ノーコード・ローコードツールの定義や特徴について詳しく解説していきます。

    ノーコードツール

    プログラミングの知識や技術がなくてもソフトウェアやアプリケーションを作成できるのがノーコードツールです。

    ノーコードツールの主な特徴は、直感的に操作できるGUIが提供されている点にあります。ドラッグ&ドロップやフォームの入力という簡単な操作でロジックを構築可能です。そのため、主に小規模かつ単機能なソフトウェア開発に向いています。

    実際には、社内ポータルや顧客管理システムの構築、データ入力作業の自動化などでノーコードツールが利用されています。

    ノーコードツールについては以下の記事でも詳しく解説しておりますので、ノーコードツールに興味をお持ちの方はぜひご一読ください。

    関連記事
    ノーコードツールとは?用途別のおすすめ13選やメリットを注意点を解説
    ノーコードツールとは?用途別のおすすめ13選やメリットを注意点を解説
    関連記事
    kintone(キントーン)とは?仕組みや案件管理の方法からできること、できないことをわかりやすく解説
    kintone(キントーン)とは?仕組みや案件管理の方法からできること、できないことをわかりやすく解説

    ローコードツール

    最小限のコーディングで、開発者や非開発者がカスタマイズ可能なアプリケーションを効率良く作成できるのがローコードツールです。

    ノーコードツールと同様に、ドラッグ&ドロップで部品を配置したり、事前に構築されたテンプレートを使用するなど、開発を加速できる機能が備わっています。しかし、一部の機能に関しては開発者が自らソースコードを書く必要があります。

    一定以上のプログラミングの知識を要するため、API連携などノーコードツールよりも高度なソフトウェア開発向けです。

    実際には、旧システムからの移行や人事システムと給与計算システムの連携のような複数のシステムが絡む業務において、ローコードツールがよく利用されています。

    ローコードのおすすめ開発ツール

    代表的なローコード開発ツールの特徴と料金は以下のようになります。

    特徴 料金
    Microsoft Power Apps ・Microsoft製品と親和性が高い

    ・テンプレートが豊富

    ・初期費用:無料

    ・月額費用:$5(アプリ単位)または$20(ユーザー単位)

    Canbus. ・あらゆる業務をクラウド化できる

    ・複数人で同時作業できる

    ・初期費用:無料

    ・月額費用:10,000円〜100,000円(税抜)

    AppSuite ・たった4ステップで業務アプリを作成できる

    ・操作性がシンプルで扱いやすい

    ・初期費用:無料

    ・月額費用:720円(クラウド版)または75,000円〜(パッケージ版)

    それぞれのツールを詳しく紹介していきます。

    Microsoft Power Apps

    (参照:https://www.microsoft.com/ja-jp/power-platform/products/power-apps)

    Microsoft Power Appsはその名の通りMicrosoft製品との親和性が高く、Microsoft 365のライセンスを持っていれば利用開始できます。また、テンプレートが豊富でカスタマイズ性が高いため、企業独自のニーズに合わせたアプリケーションを簡単に作成できます。

    料金は月額費用としてアプリ単位で$5、ユーザー単位で$20とお手頃で、30日間の無料トライアル版もあります。

    Canbus.

    (参照:https://canbus.com)

    Canbus.の最大の特徴は、あらゆる業務をクラウド化できる点にあります。地理的な制約が無いので、リアルタイムでの情報共有や意思決定が迅速になります。また、複数人での同時作業もサポートしており、チームメンバーが同一のデータベース上で情報を更新したり、分析したりすることが可能です。

    料金は10,000円/月のスタータープラン、35,000円/月のスタンダードプラン、100,000円/月のプロフェッショナルプランがあり、無料体験版もあります。

    AppSuite

    (参照:https://www.desknets.com/neo/appsuite/)

    AppSuiteは、用途に応じたアプリの選択→カスタマイズ→業務に活用→社内に共有の4ステップでアプリケーションを開発できるローコードツールです。四角のマス目のグリッドの画面上に部品を自由に配置できるので、きれいなレイアウトを簡単に作成できます。

    desknet’s NEOというプラットフォームとセットで利用する必要があるため、それぞれの料金がかかります。クラウド版は720円/月(1ユーザー当たり)、パッケージ版は75,000円~(5ユーザー~)のラインナップです。

    ノーコードのおすすめ開発ツール

    代表的なノーコードの開発ツールの特徴と料金は以下のようになります。

    特徴 料金
    Jitera ・フルスクラッチ開発のような柔軟性

    ・インフラやWebシステムを自動化できる

    月額$0〜70(またはカスタム)
    ペライチ ・1枚のホームページを作ることに特化

    ・3ステップでWebサイトを作成できる

    月額0〜6,910円
    Bubble ・フロントエンド、バックエンド、データベースを実装できる 月額$0~349
    Adalo ・パワーポイントのような操作感

    ・決済ツールと連携できる

    月額$0~200
    Glide ・モバイル向けアプリに特化 月額$0~249
    Shopify ・ネットショップの開設から運営ができる

    ・国内外でのオンライン販売をサポート

    月額$25~299
    BASE ・ショップ開設に加えてマーケティングのサポートもある 初期費用:無料

    手数料:売上の6.6%

    Zapier ・他サービスやアプリとの連携が可能 月額$0~69(またはカスタム)
    Integromat ・Zapierと同様に連携機能が豊富だが、費用が安い 月額$0~29(またはカスタム)
    kintone ・業務改善ツールの作成に特化

    ・チーム単位での使用に適している

    月額780~1500円
    STUDIO ・デザイン性が高く、おしゃれなレイアウトを作成できる

    ・公式サイトの使用方法の説明が丁寧

    月額0~4,980円

    それぞれのツールを詳しく紹介していきます。

    Jitera(ジテラ)


    (参照:https://jitera.app/ja)

    Jiteraはソースコードの出力機能によってフルスクラッチ開発と同等の柔軟性を持ちつつ、開発速度を従来の約3倍に加速させることが可能です。また、インフラ構築といった手作業で行う業務が自動化できるため、より生産性の高い業務に注力できるようになります。

    料金は無料プラン、$70のProプラン、カスタム料金のEnterpriseプランの3種類があります。

    Jiteraに関しては以下のリンクからご相談ください。

    開発に関するご相談はこちらから

    STUDIO(スタジオ)

    (参照:https://studio.design/ja)

    STUDIOでは、テンプレートまたは何も無いキャンバスから始める2通りの方法を選べるので、完全にオリジナルのサイトを制作できるのが大きな魅力です。また、公式サイトには使い方の説明が丁寧に記載されていて、サイト内のチャットに質問を投げればすぐに対応してくれます。

    料金は無料プラン、980円/月のStarterプラン、2,480円/月のCMSプラン、4,980円/月Businessプランの4種類で、非常に安価で利用できます。

    ペライチ

    (参照:https://peraichi.com)

    ペライチは1枚のWebページを作ることに特化したツールで、ランディングページやプロモーションサイトなどに利用されています。300種類以上のテンプレートから選択→文章と画像を入力→公開の3ステップで、本格的なサイト制作が可能です。

    無料プランでは1枚のページのみですが、1,465円/月のライトプランや2,950円/月のレギュラープラン、3,940円/月のビジネスプラン、6,910円/月のプロフェッショナルプランではサイト内の複数のページを作成できます。

    Bubble(バブル)

    (参照:https://bubble.io)

    Bubbleは環境構築をせずに開発からリリースまで行えるので、データベースやサーバーの知識が不要で、直感的にアプリケーションを構築できます。特にベンチャー企業が低コストですぐに製品を市場に投入したい場合に最適です。

    無料プランの他に$29/月のStarterプラン、$119/月のGrowthプラン、$349/月のTeamプランが用意されており、開発の規模に合わせて選ぶと良いでしょう。

    Adalo(アダロ)

    (参照:https://ja.adalo.com)

    Adaloはパワーポイントのスライドを作るような簡単な操作でAndroidやiOS対応のアプリを作れるツールです。また、決済ツールのStripeやノーコードツールのZapier(詳細は後述)との連携も可能なので、決済や業務自動化のシステムを導入できます。

    無料プランに加えて、$36/月のStarterプラン、$52/月のProfessionalプラン、$160/月のTeamプラン、$200/月のBusinessプランを展開しています。

    Glide(グライド)

    (参照:https://www.glideapps.com)

    Glideは、モバイルアプリ開発に特化したノーコードツールです。Googleスプレッドシートのデータをリアルタイムでアプリに反映できるため、イベントのスケジュール管理アプリや商品カタログアプリのような動的コンテンツを扱うアプリに適しています。

    最上級のBusinessは$249/月とかなり高額ですが、無料プラン、$49/月のMaker、$99/月のTeamと金額を抑えたプランもあります。

    Shopify(ショッピファイ)

    (参照:https://www.shopify.com/jp)

    Shopifyは専門知識が無くても簡単にECサイトの開設や運営ができるプラットフォームです。アメリカの小売ECサイトの中ではAmazonに次ぐ売上を占めています。また、100種類以上の決済サービスや多言語対応など、国内外でのオンライン販売をサポートするための機能が豊富です。

    料金はベーシックが$25/月、スタンダードが$69/月、プレミアムが$299/月で、それぞれ無料トライアルの後、最初の1ヶ月だけ$1で利用できます。

    BASE(ベース)

    (参照:https://thebase.com)

    BASEは、初心者でも簡単にネットショップを開設できるECプラットフォームです。特に小規模事業者や個人事業主がオンラインで商品を販売するのに最適です。ショップ開設に加えてマーケティングのサポートも提供しており、SEO対策やSNS連携が行えます。そのため、ユーザーは商品の販売と集客を効率的に行うことができます。

    最も一般的なスダンダードプランでは、月額費用はかからず、売上の6.6%を手数料として支払います。

    Zapier(ザピアー)

    (参照:https://zapier.com)

    Zapierは2,000以上のアプリケーションとの連携が特徴的なツールです。Gmailの添付ファイルをDropboxへ自動アップロードしたり、GoogleカレンダーのスケジュールをSlackへ通知したりと、多様な業務プロセスの自動化が可能です。

    無料プランの他に、$19.99/月のStarterプラン、$49/月のProfessionalプラン、$69/月のTeamプラン、Companyプラン(料金は要問い合わせ)があります。

    Integromat(インテグロマット)

    (参照:https://www.make.com/en)

    Integromat(現Make)はZapierと同様に連携機能が豊富であり、APIを利用して異なるサービス間でデータや情報をやり取りするプロセスを自動化します。たとえば、顧客からのメールを自動的にCRMシステムにアップロードしたり、ツイッターやFacebookなどのSNSへの投稿を自動でスケジュールすることが可能です。

    料金はZapierよりも安く、Enterpriseプランを除いた一番上のプランでも$29/月です。

    kintone(キントーン)

    (参照:https://kintone.cybozu.co.jp)

    kintoneはビジネスプロセスやデータベースのカスタマイズが可能なクラウドサービスで、業務改善ツールの作成に特化しています。

    kintoneの大きなメリットの一つは、チーム単位での使用に適していることです。たとえば営業部門の入力データを基に作成した製造スケジュールをkintoneで管理すると、現場のiPadから最新情報を確認できます。

    費用はライトコースが780円/月、スタンダードコースが1,500円/月で、1ユーザー単位で契約可能です。

    ローコードとノーコードに共通する機能

    ツールごとの機能は選択した製品によって異なりますが、ノーコードとローコードに実装される機能には一般的に共通点があります。

    本セクションでは、直感的に操作できるビジュアルインターフェース、UI開発を効率化するコンポーネントライブラリ、生産性を向上するワークフロー自動化、一本化したデータベースおよびAPI統合、シンプルなモバイルアプリ開発、アプリを簡単に配置するワンクリックデプロイメントといった共通機能について解説していきます。

    直感的に操作できるビジュアルインターフェース

    ビジュアルインターフェイスとは、直感的かつ視覚的に分かりやすいデザインを用いた操作方法です。ボタンや画像の位置を直接配置しながら開発を行えるので、開発者はプログラムコードを書かずにアプリケーションの機能を簡単に実装できます。

    UI開発を効率化するコンポーネントライブラリ

    コンポーネントライブラリとは、主にUI(ユーザーインターフェース)を作成するために必要なボタンや入力フォーム、画像といった部品を提供する機能です。開発者はコンポーネントライブラリの中から部品を選んでドラッグ&ドロップを行えば、実装したい機能とUIを効率的に開発することができます。

    生産性を向上するワークフロー自動化

    ワークフローエンジンを搭載するとタスクの割り当てを自動化できます。新規顧客の情報のCRMシステムへの自動登録、定期的な報告書の生成と共有の自動化などによってデータ入力の誤りが減り、業務効率が大幅に向上します。

    一本化したデータベースおよびAPI統合

    API統合とは、異なるシステムやアプリケーションのデータを連携するための機能です。ERPシステムやクラウドアプリケーションなど、アプリケーションは様々なシステムと連携して効果を発揮します。API統合によって、開発者はアプリケーションに必要な機能を簡単に追加できます。

    シンプルなモバイルアプリ開発

    ローコードやノーコードのプラットフォームには、モバイル開発に適したデザイン性の高いテンプレートやツールが備わっています。ドラッグ&ドロップを使用したインターフェースやUIコンポーネントが簡素化されているので、モバイルアプリ開発に必要なコーディングを最小限に抑えることが可能です。

    アプリを簡単に配置するワンクリックデプロイメント

    ワンクリックデプロイメントとは、アプリケーションのソースコードをアップロードするだけでプラットフォームが自動的にアプリケーションを構築・デプロイ(実行ファイルの配置)する機能です。

    ローコードやノーコード開発では、アプリケーションのコーディングからデプロイ(リリース)までを一貫して同じプラットフォームで完結できます。

    ローコードとノーコードの将来性

    ローコードおよびノーコードの市場規模の急速な成長はとどまることを知りません。

    米Gartnerによると、2024年までにローコード市場は319億ドルに達すると発表されました。また、非IT部門のユーザーの利用率は2021年時点は60%ですが、2026年には80%まで達すると予想しているので、今後は自社のシステム開発に予算を組む企業も増えるでしょう。

    ただし、最低限のコーディングスキルの習得やセキュリティ面、プラットフォームの柔軟性といった課題は存在するため、システム開発者などの人的資源の確保は今後も求められます。

    ローコードとノーコードのまとめ

    ローコードやノーコードといったコードをほとんど書かない、あるいは全く書かない開発手法の登場によってシステム開発が大幅に効率化されました。その結果、開発スキルやリソースが乏しい企業であっても独自のアプリケーションを作成できる環境が整い始めています

    将来的には、非IT系の中小企業でもシステム開発者を採用して自社開発のアプリケーションを提供するようになり、IT企業と熾烈な競争を繰り広げる日も遠くありません。今までは予算の問題で外注できなかったシステム開発も、本記事にてご紹介したローコードやノーコードのツールを利用することで自社開発をスムーズに進められるでしょう。

    ローコード・ノーコード開発やツールの導入に関してご不明点やお困りのこと、ご依頼等がございましたら実績豊富な株式会社Jiteraに一度以下のリンクからご相談ください。

    Jiteraへの相談はこちらから

    貴社の要件に対する的確なアドバイスが提供されると期待できます。

    コスト削減も課題解決も同時に実現

    「JITERA」で迅速
    ソフトウェア開発

    開発を相談する
    おすすめの記事

    その他のカテゴリー

    email-img
    メルマガ登録
    JITERA社内で話題になった生成AIトレンドをいち早くお届けします。
    Thank you!

    Jiteraのメールマガジン登録が完了しました。