JITERA

お問い合わせ

アプリ開発に活用できる補助金・助成金の完全ガイド【2024年版】

「アプリ開発に補助金・助成金を活用したいけど、どんなものがあるかわからない」

「補助金・助成金を利用するための条件がわからない」

上記の悩みを抱えている方もいるでしょう。この記事では、補助金・助成金の違いを解説したうえで、アプリ開発に使える制度を紹介します。

補助金・助成金の種類や申請の条件、手続きの流れが詳しくわかる記事です。ぜひ最後までご覧ください。

アプリ開発の補助金・助成金の違いは?

補助金・助成金の違いは?

補助金・助成金はお金を受け取れる点が共通しており、同じものと感じる方もいるでしょう。しかし、両者は仕組みが異なっており、詳しく理解することで制度を有効活用しやすいです。

以下で補助金・助成金の意味と違いを解説します。

補助金とは何か?

補助金とは、国や自治体の政策目標に合わせて、事業者の取り組みをサポートするために資金の一部を給付する制度です。補助金は、事業拡大や設備投資などの活動を支援するために支給されるもので、返済義務はありません。

ただし、補助金には審査があるため、申請したからといって必ず受給できるとは限らない点に注意しましょう。補助金は後払いであり、事業の実施後に必要書類を提出して検査を受けた後、受け取れます。

助成金とは何か?

助成金 とは、国や自治体が支給するお金の一種で、法人や個人の事業主を支援するために用意されるものです。補助金と同様に公的な資金から出されるものであり、申請や審査が必要になり、一定の資格が必要な場合もあります。

ただし、補助金と異なり、要件を満たせば受給できる可能性が高いです。助成金は、法人が国の政策目標に沿って労働環境改善などに取り組む場合に支給されるケースが多くあります。

助成金は、厚生労働省の所管している「雇用調整助成金」をはじめとした制度が多くあります。

補助金・助成金の違いまとめ

補助金と助成金は、国や地方自治体の政策目標に沿った事業を行う場合に支給されるお金のことで、両者の違いは以下の通りです。

項目 補助金 助成金
管轄 主に経済産業省や地方自治体 主に厚生労働省
目的 事業者の新規事業や研究開発など、ビジネスを支援する 事業者の雇用や従業員の労働環境整備・改善を支援する
支給額 数百万円以上 数十万円~100万円程度
審査 採択件数や金額があらかじめ決まっているものが多い 要件を満たせば受給できる可能性が高い
返済 原則的に返済不要 必要な場合がある

申請に関しては、補助金の場合は一か月程度の公募期間を設けるのが一般的で、採択件数に対し応募件数が上回ることが多いため、提出書類の内容が極めて重要です。

一方、助成金は一年を通して受け付けていることが多いですが、補助金と同様に予算がなくなり、年度の途中で受付を中止するケースがあります。

 

補助金・助成金を活用してアプリ開発をする際は、Jiteraがおすすめです。

Jiteraで外注することで、効率よく高クオリティのアプリが作成できます。

ぜひ利用を補助金・助成金を利用して、Jiteraでのアプリ開発を検討してみてください。

Jiteraの公式サイトはこちら

アプリ開発に使える補助金・助成金の種類

アプリ開発に使える補助金・助成金

アプリ開発をする場合に使える補助金・助成金には以下があげられます。

  • ものづくり補助金
  • IT導入補助金
  • 事業再構築補助金
  • 小規模事業者持続化補助金

上記の補助金・助成金をアプリ開発に活用することで、少ない資金でも事業を始められるでしょう。

ものづくり補助金

ものづくり補助金とは、中小企業の革新的サービス開発・試作・生産プロセス改善等の生産性向上のための設備投資を支援する補助金です。正式名称は「ものづくり・商業・サービス生産性向上支援補助金」となっています。

この補助金は中小企業が対象で、革新的な技術・商業・サービスに投資することで生産性を向上させることが目的です。経済産業省と中小企業庁によって運営されています。補助金には申請期限があり、期限後に選考結果が発表される流れです。

ものづくり補助金を利用するための基本的な条件は以下があげられます。

  • 付加価値額の伸び率が年3%以上
  • 給与支給総額を年1.5%以上あげること
  • 事業場内最低賃金が地域別最低賃金よりも30円以上高いこと

補助金の条件や申請期限は変わる可能性があるため、定期的に公式サイトなどをチェックしましょう。

ものづくり補助金の金額は、補助上限額や補助率によって異なります。2023年度のものづくり補助金においては、最大補助金額は特例を利用すれば5,000万円です。

金額は、申請枠によっても異なります。通常枠、回復型賃上げ・雇用拡大枠、デジタル枠、グローバル市場開拓枠、グリーン枠などが申請枠です。

令和4年度第2次補正により、ものづくり補助金の下限額が1,000万円から100万円に引き下げられました。これにより、より多くの事業が補助金を受け取れる制度となっています。

IT導入補助金

IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等が自社の課題やニーズに合ったITツールの導入を支援する補助金です。ITツールとは、パッケージソフトの本体費用、クラウドサービスの導入・初期費用等が含まれます。

この補助金は、中小企業・小規模事業者等の業務効率化・売上アップをサポートしてくれるのが特徴です。

また IT導入補助金は、補助額、補助率、対象経費により枠・類型に分かれています。

申請は事業者とITベンダー等が共同作業で行うことが多い傾向にあり、IT導入支援事業者が事業者のITツール導入をサポートできるのも特徴です。 応募資格には、中小企業・小規模事業者等であること、日本国内で法人登記されていること、申請者が営む事業場内最低賃金が法令上の地域別最低賃金以上(枠による)等の条件が必要です。

IT導入補助金を受けられる金額は以下のとおりです。

補助金の枠 補助金額
通常枠(A類型・B類型) 購入費用の1/2以内(上限450万円)
デジタル化基盤導入枠 購入費用の2/3~3/4以内(上限450万円)

対象経費には、パッケージソフトの本体費用、クラウドサービスの導入・初期費用、PC・タブレット等のハードウェアにかかる購入費用、会計ソフト、受発注ソフト、決済ソフト、ECソフト等が含まれます。

事業再構築補助金

事業再構築補助金は、中小企業等の新分野展開、業態転換、業種転換、事業再編、国内回帰等、思い切った事業再構築に踏み切る企業を支援する補助金です。

以下は、事業再構築補助金の応募資格です。

  • 補助対象者は、日本国内に本社を有する中小企業者等及び中堅企業等に限られる
  • 補助対象となる経費は、本事業の対象として明確に分けられる必要がある
  • 事業者自身で事業再構築指針に沿った事業計画を作成し、認定経営革新等支援機関の確認が必要である
  • 補助金額が3,000万円を超える案件は、金融機関の確認が必要である
  • 補助事業が、事業再構築指針に示す「事業再構築」の定義に当てはまる必要がある
  • 補助金の交付までの資金繰り支援については、政府系金融機関及び民間金融機関あて積極的に対応するよう求められている

事業再構築補助金は、中小企業等が新たなビジネスチャンスを見出し、成長するための支援策の一つです。

事業再構築補助金の額は、最大で1.5億円となっています。補助金の応募資格など、詳細な要件は公式サイト等で確認しましょう。

小規模事業者持続化補助金

小規模事業者持続化補助金は、小規模事業者が自社の経営を見直し、自らが持続的な経営に向けた経営計画を作成した上で行う販路開拓や生産性向上の取り組みを支援する制度です。

具体的には、持続的な経営に向けた経営計画に基づく、小規模事業者等の地道な販路開拓等の取り組みや、業務効率化の取り組みを支援するため、それに要する経費の一部を補助します。

商工会議所地区で事業を営んでいる小規模事業者等が対象で、補助率や補助上限額は申請類型によって異なり、詳細は以下の通りです。

類型 通常枠 賃金引上げ枠※ 卒業枠※ 後継者支援枠 創業枠
 補助率 2/3 2/3 2/3 2/3 2/3
補助上限 50万円 200万円 200万円 200万円 200万円
インボイス特例 50万円※
※インボイス特例の要件(公募要領P.12参照)を満たしている場合は、上記補助上限額に50万円を上乗せ
追加申請要件 公募要領P.8以降をご確認ください。

※賃金引き上げ枠→赤字事業者については3/4

システム開発・アプリ開発をご検討の方へ

株式会社Jiteraでは、開発プロジェクトの無料相談・無料シュミレーションを行っております。

  • スケジュールや予算を無料相談したい
  • 制作したいアプリ・システムのUI/UXのシュミレーションをしてみたい
  • 作りたい機能やカスタマイズは実際にカスタマイズできるの?

こんな相談はありませんか?
上記のような相談をJiteraでは、無料で承っております。

今すぐ日程調整ができるので、以下のカレンダーからお気軽にお問い合わせください。

アプリ開発の補助金・助成金の申請方法

補助金・助成金の申請プロセス

補助金・助成金を申請するプロセスで重要なポイントは以下のとおりです。

  • 申請手続きの基本フロー
  • 必要な書類とその作成方法
  • 申請締切と審査期間

上記のポイントを抑えることで、スムーズに申請できるでしょう。

申請手続きの基本フロー

申請手続きの基本フロー

補助金・助成金申請の基本的な流れは以下のとおりです。

  1. 自分のニーズと応募資格に合った補助金・助成金を探す
  2. 申請に必要な書類や情報を準備する
  3. 申請期間内に申請書を提出する
  4. 選考結果を待つ
  5. 応募書類が受理された場合、選考結果の通知が届く
  6. 交付申請書の提出など、補助金・助成金を受けるために必要な手続きをする
  7. 補助金・助成金の交付を受けた後、事業を開始する
  8. 補助金・助成金の内容によっては、中間検査や最終報告書の提出をする

補助金・助成金ごとに細かい手続きは異なりますが、基本的には上記のフローで進みます。

必要な書類とその作成方法

補助金・助成金の種類により、求められる書類が変わります。しかし、なかでも以下の書類は提出を求められるケースが多いです。

  • 申請書:補助金や助成金を申請する際に記入する書類で、通常、申請者と資金を提供するプロジェクトや事業に関する基本的な情報が記載される
  • 事業計画書:補助金を受けるプロジェクトや事業の目標、目的、戦略を概説した詳細な計画書。これには、財務予測、マーケティング計画、その他の関連情報が含まれる
  • 財務諸表:貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書など、プロジェクトや事業の財務的健全性を示す財務書類
  • 税務申告書:申請者の財務状況を証明するため、最近の税務申告書の写しが必要となる場合がある
  • 登録書類:申請する補助金や助成金の種類によっては、事業免許、許可証、証明書などの登録書類が必要となる場合がある
  • その他の補助書類:補助金や助成金の特定の要件によっては、その他の補助書類が必要となる場合がある。これらには、主要人物の履歴書、推薦状、その他の関連情報が含まれる

申請する補助金や助成金の要件をよく確認し、必要書類がすべて申請書に含まれていることを確認することが重要です。組織や機関によっては、必要書類がすべて含まれていることを申請者が確認できるよう、必要書類のチェックリストを提供している場合もあります。

補助金・助成金の申請先は、厚生労働省や経済産業省、各自治体の担当部署です。

ものづくり補助金の申請はこちら

IT導入補助金の申請はこちら

事業再構築補助金の申請はこちら

小規模事業者持続化補助金の申請はこちら

アプリ開発の補助金・助成金の申請締切と審査期間

各補助金・助成金の申請締切と審査期間は以下のとおりです。

補助金・助成金 申請締切 審査期間
ものづくり補助金 令和6年12月10日 約1か月
IT導入補助金 令和6年3月20日(月)~7月10日 数週間から数か月
事業再構築補助金 令和6年10月6日 最低1年半(入金まで)
小規模事業者持続化補助金 令和6年12月12日 約2か月

上記の申請締切と審査期間は、その年のスケジュールにより変わる可能性があります。詳細は各補助金・助成金の公式サイト等を確認しましょう。

アプリ開発の補助金・助成金の活用事例

補助金・助成金の活用事例

アプリ開発は補助金・助成金の活用することで、より効率的に開発できます。活用事例を把握しておくと、制度をより有効活用できるでしょう。

ここでは以下の事例を紹介します。

  • ものづくり補助金
  • IT導入補助金
  • 事業再構築補助金

活用事例を把握しておくと、事業にどの補助金・助成金が合っているか参考になるでしょう。

ものづくり補助金の活用事例

以下は、ものづくり補助金を活用した事例の一部です。

  • 自社のブランド力強化と売上向上のため、地域の名産である牡蠣を使った「お好み焼き」などを冷凍食品として製造・販売するため、制度を活用した(岡山県・まからずやストアー)

ものづくり補助金の活用事例

  • 予約やその通知および顧客管理システムが一体となった独自のデリバリーサービスを構築した
  • 一般型、グローバル展開型、ビジネスモデル構築型の3類型があるものづくり補助金で、それぞれの採択結果や採択事例が確認できる
  • ものづくり・商業・サービス補助金の成果を活用し、実際に「事業化」を推進する事業者の取組みを紹介した事例集がある

これらの事例は、ものづくり補助金を活用する際の参考になるでしょう。

IT導入補助金の活用事例

IT導入補助金の活用事例は以下のとおりです。

  • クラウド会計ソフトによるバックオフィスの効率化、リモートワーク率の向上
  • クラウド型ホテル管理システムによる遠隔地でのリアルタイム管理と効率化
  • ゴルフ業界に特化したITツールでレッスン管理を大幅に改善し、スクール事業の拡大に貢献
  • 管理者・運転手の業務効率化を実現するバス運行管理支援システムのDX
  • 様々なビジネスをサポートし、快適な職場環境を実現する貸衣装管理ITツール
  • 高品質な歯科医療と快適な笑顔を提供するための歯科医院管理ITツール

このように、ITツールを活用することで、様々な業種において業務の効率化、生産性の向上、顧客満足度の向上が実現できます。

事業再構築補助金の活用事例

以下は、事業再構築補助金を活用した具体的な事例です。

  • 結婚式場・宴集会場・各種パーティー会場:オンラインイベントシステムの開発販売・ミールキッドの製造販売
  • 印刷会社:VRカメラを活用した画期的な画像提供システムの構築
  • ケータリング会社:個人をターゲットにした物販商品の販売
  • 観光バス事業:高齢者施設向けの送迎サービスの導入
  • 航空機分野の部品製造会社:医療用機器の製造を開始

これらの事例から、事業再構築補助金は、新しい事業分野への進出や、事業転換、業種転換、業態転換など、企業の事業再構築に幅広く活用されていることがわかります。

また、採択されるポイントとして、自社の強みや価値を再発見し、事業計画を具体的に立てることが重要です。

アプリ開発の補助金・助成金活用の注意点と対策

補助金・助成金活用の注意点と対策

アプリ開発の補助金・助成金の注意点と対策は以下のとおりです。

  • 補助金・助成金は後払いであることを理解する
  • 申請書類の正確性とタイムリーな提出

上記の注意点と対策を把握しておくことがポイントとなります。

アプリ開発の補助金・助成金は後払いであることを理解する

補助金や助成金の多くは後払いであるため、受給者は補助金や助成金を受け取る前に、まず自己資金を支出する必要があります。補助金と助成金の違いを理解し、それぞれの申請プロセスや要件を理解することが重要です。

補助金や助成金は、支給数が限られていたり、競争的な申請プロセスがあったりするため、常に保証されているわけではない点にも注意が必要です。

受給できる確率を上げるために申請プロセスでは、通常、必要書類を提出し、提案されたプロジェクトや活動の妥当性と必要性を証明する必要があります。

申請書類の正確性とタイムリーな提出

補助金の場合は、採択件数や金額が決まっているものが多く、申請したからといって必ずしも受給できるわけではありません。補助金を受け取れる確率を上げるためにも、申請書類の内容は正確に記載しましょう。

提出書類は内容も重要であり、提出書類でその妥当性や必要性をアピールできないと、どんなに良い提案をしても採択には至りにくいです。

一方で助成金は要件を満たせば受給できる可能性が高いです。補助金・助成金という言葉は必ずしも明確に区別されていないため、各々の制度の内容をよく理解した上で、活用しましょう。

アプリ開発の補助金・助成金申請の代行サービス

補助金・助成金申請の代行サービス

補助金・助成金申請の代行サービスもあり、申請書類の作成や提出、申請状況の確認などを代わりに行なってくれるため、申請者の負担を軽減してくれます。

代行業者は、行政書士や中小企業診断士、社会保険労務士などです。ただし、助成金の申請代行は、社会保険労務士の独占業務となっています。

申請代行を依頼することで、申請書類の不備や手続きのミスを防ぐことができ、採択率も高まるでしょう。

以下で申請代行サービスのメリット・デメリット、信頼できるサービスの選び方を解説します。

申請代行サービスのメリット

補助金・助成金申請代行サービスを利用するメリットは以下のとおりです。

  • 専門知識:補助金・助成金申請代行会社を利用することで、申請手続きに精通した専門家のアドバイスを受けられ、よりスムーズに手続きを進められる
  • 時間の節約:補助金・助成金の申請には時間がかかりますが、申請代行会社を利用すれば、申請手続きを代行してくれるため、時間と労力を節約できる
  • 作業負担の軽減:申請代行会社が申請手続きを代行してくれるため、作業負担が軽減され、ビジネスの他の側面に集中できる
  • より高い成功確率:申請代行会社は申請プロセスの経験が豊富であり、申請書が完全で必要な要件をすべて満たしていることを確認するため、成功の可能性を高められる
  • ストレスが少ない:補助金や助成金の申請はストレスの多いプロセスだが、申請代行業者を利用することで、ストレスレベルを軽減し、プロがプロセスを処理してくれる安心感を得られる

申請代行サービスにより、多くのメリットを受けられます。

申請代行サービスのデメリット

補助金・助成金申請代行サービスを利用する主なデメリットは以下のとおりです。

  • コスト:補助金・助成金申請代行業者を利用する場合、費用が高額になる可能性がある。補助金・助成金申請代行会社によって請求される手数料は様々で、補助金受領額の一定割合を請求される可能性にも注意が必要
  • 自分で管理できない:申請手続きを代行する機関を利用する場合、そのプロセスに対する管理を自分でできない。正確な情報を提供し、期限内に正しく申請書を完成させるためには、代行業者に依存する
  • 詐欺のリスク:代理店の中には、ビジネスを獲得するために、虚偽の約束をしたり、不正確な情報を提供したりする場合がある。利用を検討している代理店を調査し、評判の良い会社であることを確認することが重要
  • 法的リスク:場合により、代理店を利用することが違法となるケースがある。日本では、社会保険労務士以外の者が特定の種類の助成金や補助金の申請を取り扱うことは違法となっている

助成金・補助金の申請を代行会社に依頼するかどうかは、デメリットをよく考慮した上で判断することが重要です。

信頼できる申請代行サービスの選び方

補助金・助成金の代行サービスを選ぶ基準は以下のとおりです。

  • 経験と専門知識:申請する補助金・助成金の種類に精通した代理店を探しましょう。同業他社を支援した実績があるかどうかを確認する
  • コスト:補助金や助成金の種類、申請手続きの複雑さ、必要なサービスのレベルにより、代理店に依頼する費用は異なる。事前に料金を明確に把握し、他の代行業者と比較することで、適正な料金か確認することが重要
  • 提供されるサービス:代理店によっては、対象となる補助金や助成金の特定から申請書の作成・提出まで、あらゆるサービスを提供している。また、手続きの一部だけを支援する機関もある。どの程度のサポートが必要かを検討する
  • コミュニケーション:申請プロセスを通じて、迅速な対応と、明確かつ定期的なコミュニケーションを行ってくれる代理店を選ぶ。申請の進捗状況や問題が発生した場合は、常に連絡を受けるように心がける
  • 評判:過去の顧客からのレビューや体験談を読んで、代理店の評判をチェックする。プロフェッショナルな団体のメンバーであるかどうかや、受賞歴があるかどうかも確認する
  • 場所:代理店の所在地を考慮する。多くはリモートで仕事をすることができるが、対面でのサービスを好む場合は、交通アクセスを重視する

全体的に、調査を行い、適正な価格で必要な経験、専門知識、サービスを持つ代行サービスを選びましょう。

おすすめのアプリ開発の補助金申請代行サービス

補助金申請代行サービス選びに迷ったら、参考にしてください。

ユーザビリティパートナーズ株式会社
経験豊富なコンサルタントが補助金の申請を代行してくれます。大変な事業計画書の作成も請け負ってくれるので、本業に専念しながらの補助金申請が可能です。
ユーザビリティパートナーズ株式会社

CPA
累計5億円以上、通過率90%以上の実績を持つ代行サービスです。全国各地のサポートができ、ZoomでのオンラインのWEBお打ち合わせも行っています。
CPA

株式会社経営力推進機構
経験豊富な専門家が、業種や組織体系に合わせていちばん最適な提案をしてくれます。最後まで専門家がワンストップでサポートするので、初めての申請でも安心です。
株式会社経営力推進機構

アプリ開発の費用は補助金・助成金でどこまで賄える?

補助金・助成金申請の代行サービス

アプリ開発をするうえで、全体の費用を把握し、どの程度補助金・助成金でカバーできるのか把握することは重要です。費用相場を把握することで、開発をスムーズに進められ、予算確保もうまくいく確率が高まるでしょう。

以下でアプリ開発の費用相場と補助金・助成金で賄える費用項目を解説します。

アプリ開発の一般的な費用相場

アプリ開発の費用は、アプリの種類や搭載する機能によって大きく変動します。以下は、アプリの種類による費用相場の一例です。

  • ショッピングカート系:100万円~300万円
  • カタログ・フリーペーパー系:50万円~100万円
  • 通話・メッセージアプリ系:100万円~500万円
  • ツール系:50万円~300万円
  • ゲーム系:300万円~1,000万円
  • SNS位置情報系:500万円~1,000万円
  • アプリ内課金/多言語/マップ対応:各10万円~20万円
  • SNS連携/アクセス解析:各5万円
  • 学習アプリ系:50万円~300万円

また、アプリ開発には「ネイティブアプリ」「webアプリ」「ハイブリッドアプリ」という3つの種類が存在し、それぞれの特性によって費用が異なります。アプリ開発の費用を抑える方法としては、アプリの機能を絞り込むことや、外注先を選ぶ方法があげられます。

補助金・助成金で賄える費用項目

アプリ開発の際に補助金・助成金で賄える費用項目や金額は、開発するアプリの種類やそのときの審査基準により異なります。以下は補助金・助成金で賄える費用項目の代表例です。

  • ソフトウェア開発費:プログラミング、デザイン、テストなど、アプリを開発するための費用
  • ハードウェア費用:サーバー、コンピューター、モバイル機器などのハードウェアの購入やリースにかかる費用
  • クラウド・コンピューティング費用:ストレージ、ホスティング、データ処理など、クラウド・コンピューティング・サービスの利用費用
  • マーケティング費用: 広告、広報、ソーシャルメディアなど、アプリを宣伝するための費用
  • 人件費:開発者、デザイナー、プロジェクトマネージャーなど、人材の雇用やトレーニングにかかる費用

補助金や助成金でカバーできる具体的な費用は、プログラムによって異なります。たとえば、小規模事業者持続化補助金では、ソフトウェア開発費、ハードウェア費用、マーケティング費用など、幅広い費用が対象です。

小規模事業者向けアプリ開発支援補助金は、アプリの導入費用を上限50万円までカバーするもので、従業員5人以下の事業者が対象となります。

IT導入補助金の対象は、ソフトウェア購入費、クラウド利用料、関連サービスなどです。

アプリ開発 補助金・助成金のまとめ

アプリ開発 補助金のまとめ

ここまでアプリ開発に利用できる補助金・助成金に関して解説しました。アプリ開発の際は基準を満たすと、ものづくり補助金やIT導入補助金をはじめとした補助金・助成金の制度を活用できます。

補助金・助成金を申請する際は、申請締切までに正確な情報を記載した必要書類の提出が必要です。申請代行サービスのメリット・デメリットを把握して適切なところを選ぶと、スムーズに申請できるでしょう。

補助金・助成金を活用してアプリ開発をする際は、外注する方法もあります。Jiteraでは、開発を効率化してクオリティの高いアプリを提供可能です。ぜひ利用を検討してみてください。

Jiteraの公式サイトはこちら

Author of this article
kishi

2021年4月よりライター活動を開始。IT関連の記事執筆を多数経験。

コスト削減も課題解決も同時に実現

「JITERA」で迅速
ソフトウェア開発

開発を相談する

「JITERA」を使って開発コスト削減

経験豊富なメンバーがゼロから伴走支援

開発を相談する
Recommended articles for you

Discover more of
what matters to you

まるごと開発委託は
JITERAまで

弊社のPM・エンジニア・デザイナーが新規事業・DXプロジェクトをすべて担当します

お問い合わせ