【入門者必見】IPアドレスとは?調べ方や変更方法、仕組みやセキュリティなどわかりやすく解説!

\エンジニア初心者🔰でもわかりやすい文章で作成しています!/

icon
writer certificate
この記事の執筆者
星空瑠璃

情報系が得意です。

\⁨⁩Jiteraエンジニアが直接回答!/

Jiteraエンジニアに
気軽に相談・質問をする

PCで作業をするうえで、IPアドレスという言葉を聞いたことがある方も多いでしょう。
名前は聞いたことがあるけれど、具体的に何かまではわからない・・・。
そんな方のために、今回はIPアドレスについて解説を行います。

IPアドレスの基本から始め、調べ方や変更方法、仕組み、そしてセキュリティについてわかりやすく解説します。
IPアドレスの種類や役割、ネットワーク通信における重要性なども掘り下げ、初心者でも理解しやすい情報を提供します。

安全なインターネット利用やネットワーク管理に役立つ知識を身につけましょう。

IPアドレスとは?基本的な仕組みを解説

IPアドレスの仕組みは次の通りです。

  • 一意性・・・各デバイスには、ネットワーク上で唯一のIPアドレスが割り当てられます。
    これにより、デバイスが特定され、通信が行われます。
  • バージョン・・・現在主に使用されているのはIPv4(32ビット)およびIPv6(128ビット)です。
    IPv4は数が限られており、IPv6はこれを解決するために導入されました。
  • ネットワーク構造・・・IPアドレスは、ネットワーク内のデバイスを特定するために使用されます。
    例えば、ルーターやネットワーク機器がパケットを正しいデバイスに転送するのに役立ちます。
  • IPアドレスの構成・・・IPアドレスは通常、「ネットワーク部」と「ホスト部」に分かれます。
    ネットワーク部はネットワーク自体を識別し、ホスト部はそのネットワーク内の特定のデバイスを識別します。
  • 動的および静的・・・IPアドレスは動的に割り当てられることもあります(DHCPを使用)。
    また、特定のデバイスに固定的に割り当てることもできます(静的IPアドレス)。

IPアドレスの定義

IPアドレス(Internet Protocol Address)は、インターネット上でデバイスを識別するための一意の識別子です。
IPv4やIPv6などのバージョンがあり、各デバイスには割り当てられます。
これにより、データが正確な宛先に送信され、通信が可能になります。IPアドレスは、ネットワーク通信において送信元と送信先を特定する基本的な仕組みであり、ウェブブラウジングや電子メールなどのオンラインアクティビティに不可欠です。

IPアドレスの役割

IPアドレスはネットワーク上で重要な役割を果たしています。

まず、各デバイスに一意のIPアドレスが割り当てられ、これによりデータの送信元や送信先が識別されます。
ネットワーク機器はIPアドレスを使用してデータの正確な転送を行い、通信が円滑に進行します。

また、IPアドレスはルーティングにおいても重要で、データがどの経路を通って宛先に到達するかを制御します。

さらに、IPアドレスはネットワークの構造を形成し、異なるネットワーク間で通信を可能にします。
静的IPアドレス動的IPアドレスなどの概念があり、これらを適切に管理することで、ネットワークのセキュリティや効率を向上させることができます。

IPアドレスはネットワーク通信の基盤であり、インターネット上でデバイスが協調して動作するために欠かせない存在です。

IPアドレスの仕組み

IPアドレスの仕組み

IPアドレスは、デバイスがインターネット上で通信するための基盤を提供します。

各デバイスには一意のIPアドレスが割り当てられ、これによりデータが正確な宛先に送信されます。
IPv4IPv6などのプロトコルは、32ビットまたは128ビットの数値で構成され、ネットワーク部ホスト部に分かれます。
ネットワーク部はネットワークを識別し、ホスト部はそのネットワーク内のデバイスを指定します。

また、IPアドレスはネットワーク機器が正確にデータを転送し、通信を可能にするための基本的な識別子として機能します。
IPアドレスの動的な割り当てや静的な設定、サブネット化などの概念が、ネットワーク管理の柔軟性とセキュリティを向上させます。

IPアドレスはデバイスが協調して通信するために不可欠な仕組みであり、インターネットの基盤を支えています

IPアドレスの種類を知ろう

IPアドレスには、IPv4アドレスIPv6アドレスの2種類があります。
また、グローバルIPプライベートIPの2種類にも分かれています。
それぞれの違いについて説明します。

IPv4とIPv6の違い

特徴 IPv4 IPv6
ビット数 32ビット 128ビット
表記 4つの10進数ブロック
(例: 192.168.1.1)
8つの16進数ブロック
(例: 2001:0db8:85a3:0000:0000:8a2e:0370:7334)
アドレス数 2^32(約42億) 2^128(膨大な数)
アドレス枯渇問題 既に発生している 対処済み(膨大なアドレス空間)
サブネット構築 複雑で柔軟性に限界 シンプルかつ柔軟性が高い
ネットワーク機器サポート 標準的にサポート 徐々にサポートが進行中
NATの必要性 高い 低い(アドレス数が豊富なため)
セキュリティ 付加的なセキュリティ機能が必要 IPsecが組み込まれておりセキュア

IPv4とIPv6の主な違いは、以下の通りです。

  • アドレスのビット数と表記法
  • アドレス数
  • アドレス枯渇問題
  • サブネット構築の柔軟性
  • ネットワーク機器サポート
  • NATの必要性
  • セキュリティ

IPv6はIPv4のアドレス枯渇問題を解決し、セキュアな通信を強化しています。
将来的にはIPv6が主流となることが期待されています。

グローバルIPとプライベートIP

グローバルIPとプライベートIPは、ネットワーク通信において異なる役割を果たします。

グローバルIPは、直接インターネット上で識別可能な公開アドレスであり、一般的にウェブサーバールーターに割り当てられます。
これにより、外部からアクセス可能なサービスやウェブページを提供できます。

一方、プライベートIP内部ネットワークで使用され、通常はルーターによって割り当てられます。
プライベートIPアドレスは、インターネット上で一意である必要はなく、同じプライベートIPアドレスが複数のネットワークで使用されることがあります
プライベートIPアドレスは、内部通信ネットワーク内のデバイス同士の通信に利用されます。

このように、グローバルIPは外部からアクセス可能な公開アドレスとして使用され、プライベートIPは内部ネットワーク内での通信に利用されます。
ルーターがネットワーク外と内部を分離し、ネットワークのセキュリティを向上させる一因となっています。

業務効率化システムを開発したいなら「ジテラ」へ!他社より1.4倍速い開発、お返事は3日以内、開発知識ゼロでもOK!、お見積りは無料。お見積りは無料!

自分のIPアドレスの調べ方

これまでは、IPアドレスの種類について解説してきました。
ここからは、自分のIPアドレスを調べる方法を2つ紹介します。

コマンドプロンプトでの確認方法

コマンドプロンプトを使用してIPアドレスを確認するには、以下の手順を実行します。

【Windowsの場合】

  1. コマンドプロンプトを開く・・・「スタート」メニューから「cmd」と入力し、コマンドプロンプトを選択します。
  2. ipconfig コマンドの実行・・・コマンドプロンプトに「ipconfig」と入力し、Enterキーを押します。
  3. IPアドレスの確認・・・表示される情報の中から、”IPv4 アドレス”がある行に、現在のデバイスのIPアドレスが表示されます。
    これがコンピュータのローカルIPアドレスです。

【LinuxやmacOSの場合】

  1. ターミナルを開く・・・ターミナルアプリケーションを起動します。
  2. ifconfigまたはip addr コマンドの実行・・・ターミナルに「ifconfig」または「ip addr」と入力し、Enterキーを押します。
  3. IPアドレスの確認・・・表示される情報の中から、”inet”と書かれている行に、現在のデバイスのIPアドレスが表示されます。
    これがコンピュータのローカルIPアドレスです。

上記の手順を実行することで、コマンドプロンプトやターミナルを使用してデバイスのIPアドレスを確認できます。
これは、ネットワークのトラブルシューティング設定確認に役立ちます。

Webサイトで簡単確認

WebサイトからIPアドレスを確認する方法もあります。

  1. IP確認サイトへアクセス・・・インターネットブラウザで「IP確認」などのキーワードで検索し、IP確認サイトにアクセスします。
  2. 表示されたIPアドレスを確認・・・サイトにアクセスすると、あなたのデバイスのグローバルIPアドレスが表示されるでしょう。
    通常は「Your IP Address」や類似の表記で表示されます。
  3. 追加情報の確認・・・一部のサイトでは、地理的な情報やISP(Internet Service Provider)などの追加情報も提供されることがあります。

上記の手順により、特別なコマンドや設定を行わずに、簡単にIPアドレスを確認できます。
この方法は、ネットワークの構成外部から見えるIPアドレスを確認したい場合に便利です。

IPアドレスのまとめ

IPアドレスは、インターネット上のデバイスを一意に識別するための重要な要素です。
IPv4IPv6などが存在し、それぞれ32ビットまたは128ビットで表現されます。
グローバルIPインターネット上で直接アクセス可能な公開アドレスであり、
プライベートIP内部ネットワークで利用されるアドレスです。
IPアドレスの確認はコマンドプロンプト専用サイトを通じて簡単に行えます。

IPアドレスの理解はネットワーク管理やセキュリティに不可欠です。
IPアドレスに関する質問やご相談などがある場合は、株式会社Jiteraにお気軽にお問い合わせください。

\エンジニア初心者🔰でもわかりやすい文章で作成しています!/

icon
writer certificate
この記事の執筆者
星空瑠璃

情報系が得意です。

\⁨⁩Jiteraエンジニアが直接回答!/

Jiteraエンジニアに
気軽に相談・質問をする

コスト削減も課題解決も同時に実現

「JITERA」で迅速
ソフトウェア開発

開発を相談する
Recommended articles for you

Discover more of
what matters to you

email-img
メルマガ登録
JITERA社内で話題になった生成AIトレンドをいち早くお届けします。
Thank you!

Jiteraのメールマガジン登録が完了しました。