Eclipse(エクリプス)とは?特徴や開発環境、できることなどを初心者向けに簡単解説

Eclipse(エクリプス)は、プログラミングの世界で広く利用されている強力な統合開発環境(IDE)です。

Eclipseは主にJava言語の開発に使用されますが、プラグインを追加することでPythonやC++など他の多くのプログラミング言語にも対応可能です。

この記事では、Eclipseの基本的な特徴やそれが開発者にとってどのように役立つのか、Eclipseのインストール方法から基本的な使い方、便利なプラグインの紹介までを幅広く初心者向けに詳しく解説していきます。

Nao Yanagisawa
監修者 Jitera代表取締役 柳澤 直

2014年 大学在学中にソフトウェア開発企業を設立

2016年 新卒でリクルートに入社 SUUMOの開発担当

2017年 開発会社Jiteraを設立
開発AIエージェント「JITERA」を開発

2024年 「Forbes 30 Under 30 Asia 2024」に選出

アバター画像
執筆者 AIエンジニア兼マーケター hiro1120_writer

AIシステムの開発とマーケティングを専門としています。生成AI技術を活用したプロジェクトに多数携わり、効率的な開発手法と効果的なマーケティング戦略の両立を目指しています。特に生成AIのプロンプト設計やITILの実践に関する深い知識を持ち、最新技術を活用した実践的なソリューションを提供しています。

\エキスパートが回答!/
この記事に関する質問はこちら
記事に関するご質問以外にも、システム開発の依頼やAIの導入相談なども受け付けております。

    会社名必須
    必須
    必須
    Eメール必須
    電話番号必須
    ご依頼内容必須

    Eclipseとは?

    Eclipseとは?

    Eclipseは、IBM社によって開発されたオープンソースの統合開発環境(IDE)です。

    もともとはJavaの開発に特化していましたが、現在ではプラグインを利用することでC、C++、JavaScript、PHP、Perl、Ruby、Pythonなど多様な言語での開発が可能です。

    ここではEclipseについての概要や特徴について解説していきます。

    Eclipseは最も利用されている統合開発環境

    Eclipseは、その汎用性と拡張性により世界中の開発者に広く利用されている統合開発環境(IDE)です。

    もともとJava言語の開発を主眼に置いて設計されましたが、プラグインの導入により、C/C++、Python、PHP、Rubyなど多岐にわたるプログラミング言語に対応しています。

    この多言語対応によってEclipseをより柔軟なツールにしており、幅広い開発プロジェクトに適用可能なのが魅力です。

    また、オープンソースであるため、コミュニティによる継続的な改善と機能の拡張が行われており、最新の開発トレンドにも迅速に対応しています。

    これらの特徴が、Eclipseを世界で最も利用されているIDEの一つとしているのでしょう。

    Eclipseの基本機能

    Eclipseの基本機能は、その使いやすさと効率的な開発サポートにあります。

    コードエディターはシンタックスハイライトやコード補完機能を備え、プログラミングを直感的かつ迅速に進めることができます。

    リファクタリングツールは、コードの構造を効率的に改善するのに役立ちます。

    また、強力なデバッグ機能によってコードのバグを比較的簡単に特定し修正することが可能となっています。

    プロジェクト管理ツールも充実しており、大規模な開発プロジェクトでも管理が簡単なため煩雑になることなくプロジェクトを進行できるようになるでしょう。

    Eclipseの特徴

    Eclipseの最大の特徴は、カスタマイズ性と拡張性にあります。

    豊富なプラグインによりユーザーは自分のニーズに合わせて開発環境をカスタマイズできるため、Javaだけでなく多様なプログラミング言語やフレームワークでの開発が可能になります。

    そのため、開発環境が変わったりプロジェクト案件の移動があっても色々な現場でEclipseが利用できます。

    また、Eclipseはオープンソースであるためコミュニティ主導の開発モデルとなっており、Eclipseを常に最新の技術トレンドに対応させています。

    さらに、Eclipseは軽量で高速な操作性を持つため開発者の生産性を高めることに役立てられています。

    初心者でもとりあえず迷ったらEclipseを使うと覚えておけば、まず間違いはないでしょう。

    Eclipseを使うメリット

    Eclipseは開発の効率化やコスト削減、幅広いカスタマイズが可能など様々なメリットがあるIDEです。

    これ一つあれば開発が進められるため、特に中小企業にとっても大きなメリットをもたらす開発ツールと言えるでしょう。

    ここからは、Eclipseを利用するメリットについてそれぞれピックアップして解説していきます。

    無料で利用可能

    Eclipseはオープンソースで提供されており、無料で利用できる点が大きな魅力です。

    この無料提供は、特に資金面で制約のある中小企業やスタートアップにとって大きなメリットとなるでしょう。

    Eclipseはコストをかけずに柔軟に開発環境を構築できるため、開発に関する予算を他の重要な分野に振り向けることなどが可能となります。

    また、無料であるにも関わらず高度な開発機能を備えているため、コストパフォーマンスの面でも優れています。

    開発の効率化ができる

    Eclipseは、豊富な機能により開発の効率化を実現してくれます。

    コード補完、エラーチェック、リファクタリングツールなどは開発者がより迅速かつ正確にコードを記述するのに必要な機能です。

    また、プロジェクト管理ツールは複数のプロジェクトを一元管理し、各個人の作業の進捗を追跡できるようにできます。

    また世界中で利用されているためネット上にも参考となるナレッジが多くあり、開発段階でつまずいたとしても大体は調査して解決できます。

    プラグインが豊富

    Eclipseのもう一つの大きなメリットは、豊富なプラグインによるカスタマイズ性です。

    これにより開発者は自分のニーズに合わせてEclipseを拡張でき、より自分好みの開発環境を構築することができます

    例えば、特定のプログラミング言語やフレームワークに特化したプラグインを導入することで、その言語やフレームワークの開発を効率的に行うことができます。

    また、バージョン管理やデータベース管理などの開発工程をサポートするプラグインも豊富に提供されています。

    コミュニティが活発

    Eclipseには活発なコミュニティがあります。

    コミュニティでは開発に関する質問や疑問に対するサポートが得られるほか、新しいプラグインやツールの情報交換が行われています。

    また、Eclipseのユーザーは世界中に広がっているため、多様な知識や経験を共有することができるのが最大の利点です。

    0からマニュアルやエラー情報、設定方法などをドキュメント化する必要もないので、このようなコミュニティの存在は特に中小企業やスタートアップにとって、技術的な問題解決や新しい技術の習得において大きな助け船となるでしょう。

    さらに、Eclipseのコミュニティは新しいプラグインやアップデートの情報源としても機能しているので、常に最新の状態で開発環境を維持することが可能です。

    Eclipseの導入や開発環境の構築については、ぜひ当社にご相談ください!
    Jiteraが無料で技術相談に乗ります!
    お気軽にご相談ください!

      会社名
      メールアドレス
      ご相談内容

      Eclipseでできること

      Eclipseは多機能なため、さまざまなWEBアプリを開発することができます

      ここでは開発可能なアプリケーションについて紹介していきます。

      Javaをはじめとする多くのプログラミング言語に対応しているため、ぜひ参考にしてみてください。

      プログラムの編集

      Eclipseでのプログラム編集は、扱いやすいコード補完機能により非常に効率的に行えます。

      例えば、Java開発においてEclipseはクラスやメソッドの名前を途中まで入力すると自動的に候補を提示してくれるため、開発者はタイピングの手間を省くことができますし、単純なミスも軽減できます。

      また、Eclipseのリファクタリングツールはコードの構造を改善する際にも非常に役立つでしょう。

      メソッドの名前を変更する際など、Eclipseはプロジェクト内のすべての参照箇所を自動的に更新してくれます。

      一つ一つ手直しする必要がないため、変更漏れもなく、余分なコンパイルエラーも出さなくて済みます。

      プログラムのコンパイル

      Eclipseにおけるプログラムのコンパイルは、シームレスな統合によってスムーズに行われます。

      Eclipseは、コードの記述中にリアルタイムでエラーを検出して問題点を即座に指摘してくれるため、開発者はコンパイル前にエラーを修正してコンパイルエラーを防ぐことができます。

      また、Eclipseのビルド自動化ツールは、複雑なプロジェクトのビルドプロセスを簡素化してくれるので調査や理解にかかる手間を省くことができます。

      例えば、MavenやGradleなどのビルドツールとの統合によって依存関係の管理やビルドプロセスの自動化が可能になるなどです。

      プログラムの実行

      Eclipseでは、プログラムの実行も効率的に行うことができます。

      Eclipseの実行環境では開発者は複数の実行設定を簡単に管理できるため、異なるパラメータや環境でプログラムをテストすることができます

      例えば、Javaアプリケーションの実行時に異なるJVMオプションや環境変数を設定することが可能です。

      また、Eclipseのデバッガーは、ブレークポイントの設定やステップ実行など詳細なデバッグ作業をサポートしてくれるため、開発者はプログラムの挙動を細かく追跡してバグの特定と修正を効率的に行うことができます。

      Eclipseのデバッグビューでは、変数の値の監視やコールスタックの確認が可能で複雑な問題の解決に役立つでしょう。

      このように、Eclipseはプログラムの実行とデバッグをシームレスに統合して開発プロセスの効率化を実現してくれます。

      Eclipseを使ったアプリケーション開発の例

      Eclipseはその多機能性と拡張性により、様々な種類のアプリケーション開発に利用されています。

      以下では、Eclipseを使った具体的なアプリケーション開発の例を紹介し、それぞれの開発プロセスの特徴を解説します。

      デスクトップアプリケーション

      Eclipseを使用して、JavaFXやSWT(Standard Widget Toolkit)などのフレームワークを利用してデスクトップアプリケーションを開発することができます。

      例えば、JavaFXを使用することでリッチなユーザーインターフェースを持つデスクトップアプリケーションを作成できます。

      また、Eclipseのプラグインを活用することでOpenOfficeのような複雑なオフィスソフトウェアの開発も可能です。

      Eclipseの強力なコード編集機能とデバッグツールを活用することで、効率的なデスクトップアプリケーション開発が実現できるでしょう。

      Webアプリケーション

      EclipseはWebアプリケーションの開発にも広く使用されています。
      JavaをベースにしたWebサーバー、例えばTomcatやJettyを利用してSpringやStrutsなどのフレームワークを組み合わせることで、動的なWebアプリケーションを構築できます。

      Eclipseはこれらのフレームワークとの統合が容易であり、MVC(Model-View-Controller)アーキテクチャに基づいた開発をサポートしています。

      例えば、Eコマースサイトや企業の内部管理システムなど、複雑なビジネスロジックを持つWebアプリケーションの開発に適しています。

      モバイルアプリケーション

      かつてEclipseはAndroidアプリケーションの開発に広く用いられていました。

      現在はAndroid Studioが主流ですが、Eclipseを使ってJavaをベースにしたAndroidアプリケーションの開発が可能です。

      EclipseにはAndroid開発用のプラグインが用意されており、モバイル向けのユーザーインターフェース設計やAPIの利用、デバイスへのデプロイなど、モバイルアプリ開発に必要な機能を提供します。

      組み込みアプリケーション

      Eclipseは組み込みシステムの開発にも適しています。

      Javaを利用して家電製品や自動車、IoTデバイスなどの組み込みアプリケーションを開発することができます。

      Eclipseは、組み込みデバイス向けの開発ツールやデバッグ機能を提供しており、リアルタイムオペレーティングシステム(RTOS)などの特殊な環境での開発をサポートしています。

      Eclipseの無料版と有料版との比較

      比較項目 Eclipse(無料版) MyEclipse(有料版)
      提供形態 オープンソースのIDE 商用ライセンスのIDE
      主な用途 Java開発に主に使用 Java、HTML、CSS、JavaScript開発に使用
      プラグイン 必要に応じて追加 多くのプラグインが組み込まれている
      追加機能 基本的なIDE機能 アプリケーションサーバーコネクタ、Mavenサポート、コードジェネレーターなど
      リリース年 2001年 2003年
      料金 無料 有料(30日間の無料試用版あり)
      対象ユーザー スタンドアロンプロジェクト開発者 大規模プロジェクト開発者

      Eclipseは無料で利用可能ですが、有料版のMyEclipseはより高度な機能を提供しています

      Eclipseは主にスタンドアロンプロジェクトの開発に適しており、必要に応じてプラグインを追加する必要があります。一方、MyEclipseは大規模なプロジェクトの開発に適しており、プラグインを追加する必要がないため開発プロセスがよりスムーズになります。

      また、MyEclipseは無料試用期間があるため、使用感をチェックした後に有料で利用するかどうかを検討することができます。

      Eclipseはオープンソースであり無料でダウンロードして使用できますが、大規模なプロジェクトを管理する際には適切なプラグインが必要になる場合があります。

      Eclipse利用の注意点

      Eclipseは強力な統合開発環境ですが、初心者が陥りやすい落とし穴がいくつかあります。

      特に、プラグインの選択やバージョン管理システムの利用には注意が必要です

      環境構築は初心者の壁ともなりやすく、誤って不要なプラグインを入れすぎると逆に管理がしにくくなり開発プロセスを複雑化させる可能性があります。

      プラグインの利用に注意

      Eclipseのプラグインは機能拡張に非常に便利ですが、信頼性と互換性に注意が必要です。

      不安定なプラグインや古いバージョンのプラグインは、システムのクラッシュや予期せぬエラーを引き起こす可能性があります。

      例えば、非公式のソースからダウンロードしたプラグインはセキュリティリスクを含むことがあり、システムの安全性を損なう可能性があります。

      また、Eclipseの新しいバージョンに対応していないプラグインを使用すると、機能しないか他のプラグインとの競合を引き起こすことがあるため、プラグインを選択する際は常に最新の情報を確認し、信頼できるソースから入手することが重要です。

      バージョン管理システムを利用

      Eclipseでの開発において、バージョン管理システム(VCS)の利用は非常に重要です。

      VCSを使用することでコードの変更履歴を追跡し、必要に応じて以前のバージョンに戻すことができます。

      特にチームでの開発や長期にわたるプロジェクトにおいてコードの整合性を保つために不可欠です。

      例えば、GitやSubversionなどのVCSをEclipseに統合することで、Eclipse内で直接コードのコミットやブランチの管理を行うことが可能になります。

      これにより、コードの変更を効率的に管理することで、誤って重要な修正を失うリスクを減らすことができます。また、VCSを利用することでチームメンバー間でのコードの共有やマージが容易になり、開発プロセスの効率化に役立ちます。

      デバッグの利用に注意

      Eclipseのデバッグ機能は強力ですが、誤った使い方をすると問題が発生する可能性があります。

      例えば、ブレークポイントの設定を誤るとプログラムが予期せぬ場所で停止し、デバッグの効率が低下します。

      また、変数の監視やステップ実行を過度に行うとプログラムの流れを見失い、バグの特定が困難になることがあります。

      デバッグ中にはコードの特定のセクションに集中し、必要な情報のみを監視することが重要です。

      さらに、デバッグセッションを長時間続けると問題の特定が難しくなるため、定期的に休憩を取りつつコードを見直すことが効果的です。

      パフォーマンスの低下に注意

      Eclipseのパフォーマンスは、インストールされているプラグインの数やプロジェクトのサイズに大きく影響されます。

      多くのプラグインをインストールするとEclipseの起動時間が長くなり、システムが遅くなることがあります。

      また、大規模なプロジェクトや多数のファイルを同時に開くとメモリ使用量が増加し、パフォーマンスが低下する可能性があります。

      これを避けるためには、不要なプラグインは削除してプロジェクトを適切なサイズに保つことが重要です。

      さらに、定期的にEclipseのキャッシュをクリアし不要なファイルを削除することで、パフォーマンスを向上させることができます。

      セキュリティに注意

      Eclipseを使用する際には、セキュリティにも注意が必要です。特に、インターネットからダウンロードしたプラグインやライブラリを使用する場合は、信頼できるソースからのものであることを確認する必要があります。

      不正なソースからダウンロードしたプラグインには、マルウェアやセキュリティの脆弱性を含む可能性があります。

      また、Eclipseの設定ファイルやプロジェクトファイルは、外部からのアクセスに対して適切に保護する必要があります。これには、ファイルのアクセス権限を適切に設定することや、重要なデータを含むプロジェクトは暗号化することが含まれます。

      さらに、Eclipseを最新の状態に保つことも重要です。Eclipseやプラグインのアップデートにはセキュリティ修正が含まれることが多いため、定期的にアップデートを行うことでセキュリティリスクを低減できます。

      結論: Eclipseを活用するメリットのまとめ

      Eclipseは多機能性と拡張性により、ソフトウェア開発の効率化とコスト削減を実現するIDEです。

      無料で利用できることから、特に資金面で制約のある中小企業やスタートアップにとって大きなメリットがあるといえるでしょう。

      Eclipseはコード補完、エラーチェック、リファクタリングツールなどの機能を備えており、開発者が迅速かつ正確にコードを記述するのをサポートしてくれます。また、プロジェクト管理ツールにより、複数のプロジェクトを一元管理し、進捗を追跡できます。

      Eclipseの豊富なプラグインにより自分のニーズに合わせて環境をカスタマイズできたり、活発なコミュニティによって開発に関する質問や疑問に対しての情報交換が多く行われています。

      さらにEclipseはJavaをはじめとする多くのプログラミング言語に対応しており、Webアプリケーション、デスクトップアプリケーション、モバイルアプリケーション、組み込みアプリケーションなどの幅広いアプリケーションの開発が可能な点も魅力と言えます。

      Eclipseを含めた開発環境について悩んでいる方は、知識・経験に富んだJitera社に一度ご相談してみてはいかがでしょうか。

      コスト削減も課題解決も同時に実現

      「JITERA」で迅速
      ソフトウェア開発

      開発を相談する
      おすすめの記事

      その他のカテゴリー

      email-img
      メルマガ登録
      JITERA社内で話題になった生成AIトレンドをいち早くお届けします。
      Thank you!

      Jiteraのメールマガジン登録が完了しました。