JITERA

お問い合わせ

システム構築とは?システム開発との違い、種類、手順も徹底解説

皆さんはシステム構築を検討する際、「システム構築とは何か」「必要な工程は何か」「コストはいくらかかるのか」といった、基本的な疑問をお持ちの方が多いのではないでしょうか。

この記事を読むことで、システム構築の概要から必要なプロセス、技術、コストまでを一通り理解することができます。

具体的には、システム構築とシステム開発の違いから、ウォーターフォールモデルやアジャイル開発などの開発手法、要件定義やテスト、運用保守などの手順や専門性、コストパフォーマンスなどのシステム構築会社の選定ポイントといった実務に即した内容を説明しています。

複数の具体例をわかりやすく解説しているため、システム構築のイメージがつかみやすく、自社での検討に活かせる内容となっています。

システム構築とは?

システム構築とは、企業が業務をより効率的に行うために、コンピューターシステムを導入・構築する一連のプロセスのことを指します。

システム構築の目的

システム構築を行う目的は、業務の効率化や生産性の向上、顧客サービスの充実化、情報管理の一元化、決算業務などの定型業務の自動化などが挙げられます。これらを実現することで、企業の業務プロセスを改善し、経営効率化を図ることができます。

具体的には、在庫管理・販売管理・生産管理といった基幹業務システムを導入することで、膨大なデータをリアルタイムに処理し、業務効率の向上を図ります。

顧客管理システムやWEBシステムを構築することで、顧客データとの連携を強化し、きめ細かい営業活動やサービス提供を可能にします。さらに業務システム間の結合、クラウド化を進めることで、社内の情報共有を活性化させます。

他にもビッグデータとAIを活用した自動化、RPAツールの導入による定型業務の自動処理など、デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進にもシステム構築は欠かせません。業務プロセスの改善や付加価値の向上を図る上で、システム構築は目的達成に向けた重要な役割を果たすのです。

システム構築の内容

システム構築では、業務要件を明確に定義する作業から開始します。現状の業務フローや課題点を洗い出し、導入するシステムが解決すべき要件を文書化します。

次に、要件定義に基づいたシステムの機能、データ構造、画面遷移などを設計していきます。業務フローや画面イメージを図に示した、システム設計書を作成することが多いです。設計を経て、実際にシステムを構築するため、各機能をプログラミングで実装します。

使用するプログラミング言語や開発環境は、要件に応じて適切に選定します。プログラミングされたシステムの動作を確認するため、テスト工程が不可欠です。単体テストや結合テスト、そして総合テストと段階を追って品質検証を実施します。

その後、実際の運用環境でテストを行い、現場の利用者による使い勝手の確認などを行います。最後に、稼働中の既存システムから新システムへ切り替えるための、データ移行作業などの移行支援を行います。

システム構築とシステム開発の違い

システム開発は、主にソフトウェアの設計・製造プロセスを指すのに対し、システム構築はハードウェア、ネットワーク、ソフトウェアを含むITシステム全体の構築プロセスを指します。

具体的には、システム開発は業務アプリケーションの要件定義、基本設計、詳細設計、プログラミング、テストといったソフトウェアが中心になります。

一方システム構築では、これらに加えサーバーやストレージ、ネットワーク機器といったITインフラの構築やデータ移行、運用テスト、本番移行と、システム全体を視野に入れたプロセス設計が不可欠です。

このため、システム構築では高度なハードウェア知識やネットワーク技術が求められる一方で、長期的な保守・運用面でのサポート体制も重視されます。ソフトウェア開発能力に加え、システムインテグレーターとしての総合力が問われるのがシステム構築です。

システム構築の手法

システムを構築するにあたり、いくつかの手法やモデルを使い分ける必要があります。目的とするシステムの特性やプロジェクトの規模によって、最適なアプローチは異なります。

このセクションでは、代表的な構築手法とモデルについてその特徴と適用場面を詳しく見ていきます。

ウォーターフォールモデル

ウォーターフォールモデル

ウォーターフォールモデルは、要件定義から設計、開発、テストと順を追って下流のフェーズへ段階的に作業を進めていく手法です。上流工程が完了した後に次のフェーズへ移行するため、滝に例えられ名付けられました。特徴としては、計画性が高く各プロセスの成果物を定量的に測定しやすい半面、要件変更への柔軟性が低いのがデメリットです。

ウォーターフォール型は、要件がある程度固定化されている「業務システム」などの開発に向いています。具体的には、1年規模で数十億円クラスの大規模プロジェクトの場合などがあります。

一方、要件変更への対応が不得意なため、昨今よく使用されるアジャイル型と比較すると適用分野が狭まっています。ただし、大規模構築時の全体スケジュールとコスト管理という意味では、期待できるプロセスでもあります。

アジャイル開発

アジャイル開発

アジャイル開発は、要件定義と設計を完了後ではなく、開発を並行して行う手法です。小規模な開発単位(スプリント)を短期間で繰り返しつつ、顧客とのコミュニケーションを頻繁にとることを特徴としています。変更への対応がしやすく、開発工程も見える化できる一方、全体最適化が難しく工数がかさむデメリットがあります。

アジャイル開発の代表的な手法に、スクラム開発があります。要件が固まっていない段階から、反復による実装を繰り返すことで、顧客要望を開発に反映させていきます。短期間でプロトタイプを提供するため、目に見える成果を頻繁に確認できることが大きな特徴です。

プロトタイピング型開発

プロトタイピング型開発

プロトタイピング型開発は、試作品を短期間で複数回開発する手法です。具体的な機能イメージがつかみにくい段階で、実際の形でシステムを提示することで、要件を固めていくアプローチです。試作段階で利用者と仕様をすり合わせるため、要望に合致したシステムを構築しやすいのが特徴です。一方工数がかさむデメリットがあります。

プロトタイピング開発では、はじめに基本画面と主要機能の概要の実装を行った上で、利用者の評価を受け改善を繰り返していき、徐々に機能を追加していくスタイルが一般的です。

要件変更への柔軟な対応が、必要なシステム構築に適している手法といえます。ただし工程管理が難しく、開発リソースが浪費されるリスクもあるため、適度な工数と期間の管理に注意が必要です。

スパイラル型開発

スパイラル型開発

スパイラル開発とは、計画から評価、解析と定期的に同じ工程を繰り返しながらシステムを構築する手法です。

ウォーターフォールモデルをベースとしつつ、設計や工程の見直しを柔軟に行うため、より現実的な開発管理が可能となります。一連のプロセスサイクルを、段階的に上方へ向かうスパイラルに例えられています。ただし、成果物の測定が困難なため進捗管理に工夫が求められるデメリットがあります。

スパイラル型は、1回のサイクルでシステム要件や詳細設計の一部を確定させ、次のスパイラルで実装やテスト、プロトタイプ作成を行う、というアプローチを取ります。

不確定要素が多い段階から、イテレーション型でシステム化していく手法ですので、要件変更への柔軟な対応がメリットとして挙げられます。

※イテレーション型・・・小規模な開発サイクルを頻繁に繰り返しながら、システムを構築していく手法のこと。要件定義から設計、コーディング、テストと毎回同じ工程を回すスタイルを指します。

DevOps

DevOps

DevOpsとは、開発(Development)と運用(Operations)を連携させる考え方です。互いの部署が協調することで、システム構築全体を最適化させ、品質とスピード感を高めようというものです。

具体的には、開発者同士のコミュニケーションを活性化したり、運用担当者が開発工程に参画することで、リリース後の問題を事前に回避できるようにします。このアプローチによって、チームの垣根を越えた協業体制を構築することが可能となります。

DevOpsを実現する手法の一つとして、継続的インテグレーション/継続的デリバリー(CI/CD)があげられます。自動テストや本番反映プロセスの自動化を行うことで、開発からサービス提供までを高速で実行できる体制を整えます。

MVCモデル

MVCモデル

MVCモデルは、システムの構成要素をModel(データ)、View(表示)、Controller(制御)の3つに分離して開発する手法です。データと画面表示の役割を切り離すことで、柔軟性と再利用性の高いシステム設計が可能となります。

例えば、表示する見た目を変更してもデータや処理の内部的なコードに影響を及ぼさない、といったメリットが生まれます。Webアプリケーション開発を中心に、広く利用されているモデルです。

MVCモデルの考え方を適用することで、データ構造や業務処理のルールをシステムの基盤的な部分として再利用しやすくなります。

また、役割ごとの開発者を分散させることができ、プロジェクト規模が大きくなっても開発生産性を確保できるというメリットも大きいです。大規模システム開発においては、標準的な設計手法として広く利用されているといえます。

システム開発・アプリ開発をご検討の方へ

株式会社Jiteraでは、開発プロジェクトの無料相談・無料シュミレーションを行っております。

  • スケジュールや予算を無料相談したい
  • 制作したいアプリ・システムのUI/UXのシュミレーションをしてみたい
  • 作りたい機能やカスタマイズは実際にカスタマイズできるの?

こんな相談はありませんか?
上記のような相談をJiteraでは、無料で承っております。

今すぐ日程調整ができるので、以下のカレンダーからお気軽にお問い合わせください。

システム構築の手順

企業におけるシステム構築には、大きく分けて要件定義、設計、構築、テスト、運用と保守の5つのフェーズがあります。それぞれのフェーズで実施する主な作業は以下の通りです。

要件定義

まず、どのようなシステムが必要かを文書で定義する作業から始まります。これを要件定義と呼びます。

要件定義では、業務上解決したい課題やニーズを洗い出し、システムに求められる機能とその優先順位を明確化します。

例えば、「在庫管理業務を効率化したい」「顧客情報を一元管理したい」などの要望がシステム要件として抽出されます。この抽出作業はヒアリングといい、利用部門や経営陣への聞き取り調査を通じて要件を網羅的に収集していきます。

その上で、収集した要件を文書化した要求定義書を作成します。要求定義書には、機能要件(システムができること)と非機能要件(性能やセキュリティ等の品質要件)の両面から必要事項を明記します。これにより、以降の設計・開発作業において共通認識のもとでシステム化を進めることができます。

外部設計

要件定義をもとに、次のフェーズとして外部設計を行います。

外部設計では、システムの全体像や処理の流れを定める作業を行います。具体的には、各機能のインプット(入力)とアウトプット(出力)の対応関係を整理し、モジュール間のインターフェースを設計します。

また、メイン処理と副処理の役割分担、画面遷移や帳票デザインのイメージ図を作成することが多いです。データフローやネットワーク構成、ハードウェア構成の概要についても検討します。これにより、システム全体の枠組みが定まり、見積りやテスト計画立案などの基礎資料が得られます。

外部設計書として、システム概要設計書や機能設計書などがドキュメントとして作成されます。外部から見たシステムの姿が、明確化する段階といえます。

外部設計の段階では、要件定義で描いたシステムイメージを、より具体的で技術的な文書へと移行させる作業が重要です。ハードウェアの規模や処理時間の計算などは、システム全体像を左右する要素であるため、納期とコストの面からも十分な検討が必要不可欠です。

システム担当者と利用部門が詳細スペックをすり合わせることで、最適な仕様が導き出されていくイメージです。

内部設計

外部設計でシステムの全体像を定めた後、次のフェーズとして内部設計を行います。内部設計では、システム内部での実際の処理手順や、データの流れを細かく定義していきます。

具体的には外部設計の各機能を、どのモジュールやコンポーネント、クラスが担当するかを割り当てます。またデータベースやテーブルの詳細定義、入力画面のフォーマット詳細、エラー処理の考え方、例外処理の仕組みなどを詳細に記述します。

コードレベルでの設計が主体となるため、効率的で保守しやすいシステム設計を目指します。内部設計書には、画面定義書のほか、各種テーブル定義書類、処理フロー図、クラス図やER図などが含まれます。プログラム作成のための、実作業の指示書としての意味合いが強いといえます。

特に大規模システムの場合、保守性や拡張性を高めることが重要視されるため、内部設計の段階でしっかりとしたシステムの構成や枠組みの設計が欠かせません。

プログラミング

設計書に基づき、実際にソースコードを作成しアプリケーションとして構築する作業を、プログラミングといいます。主に使用する言語は、目的と開発環境によって決定しますが、基幹業務システムではCOBOL、Java、C#などが多く利用されます。

プログラマーが担当機能ごとに、モジュールを分担してコーディング作業を進めていきます。作業成果物としてはソースコードのほか、テスト仕様書やテストデータなども合わせて作成します。

プログラミング作業と並行し、コードレビューも実施することが多く、複数人でソースコードを確認し合うことで品質を高めていきます。大規模システム開発の場合、複数者が分担するとコードの統一感が失われるリスクがあるため、コーディング規約を事前に定めることもポイントのひとつです。

コーディング作業は通常、開発者が自席のPC上で個別に実施しますが、ソースコードをバージョン管理システムに登録し共有することで、複数名の作業状況をリアルタイムで把握することもできます。プロジェクトマネージャーが全体の進捗状況を適切に管理する上でも、重要なポイントといえます。

テスト

プログラミングされたシステムに対し、設計書などとの整合性や機能動作を確認する作業を、テストと呼びます。

テストではまず単体テストから始め、個々のプログラムが正しく動作するかを確認します。次いで、複数プログラム間の連携動作をチェックする結合テスト、さらにはシステム全体としての正当性を検証する総合テストへと段階を追って実施していきます。

テスト工程では、事前に網羅的なテスト計画書やテストデータ、テスト手順書を用意し、効率的に品質確認を進めます。テスト担当者とは、別の第三者が実施する場合も多く、開発者側の想定を超えた場面でも問題ないことを確認する狙いがあります。

特に大規模システムの場合、膨大なテストパターンが発生するため、テスト項目の設定と実施計画の立案がテスト全体の成否を大きく左右するポイントとなります。

納品

テストを経て品質が保証されたシステムを、顧客先に引き渡す一連の手続きになります。

納品に際しては、システム自体のほか、操作マニュアルやデータ移行支援ツールなど付随している、書類データやツールも合わせて納品する必要があります。

また、事前に顧客側担当者に対する操作説明会を実施し、システムの概要理解と基本操作の習得支援を行います。さらに本番切替作業にて、既存システムから新システムへの移行プロセスを円滑に進めることも重要です。

一連の納品プロセスを通じ、顧客側でのシステムの使い方を定着させることが大切です。特に大規模システムの場合、移行作業に要する期間が長くなる傾向にあるため、計画的に段階的切替を進めていく等の配慮が必要となります。

運用保守

リリース後のシステム運用を支えるため、継続的にバグ修正や機能改善を実施していくことを指します。

リリース後に顧客業務で発生したバグや操作性の改善要望に対応するとともに、法改正への対応や業務拡大に伴う機能拡張などを実施します。

運用保守には、問題発生時の対応力や切替作業の安全性も重要視されるため、開発チーム内に専門組織を設けて対処するケースが多いです。

またヘルプデスク機能や問題管理データベース、運用する手順書などを充実させて、迅速な保守体制を整えることが望まれます。特に、24時間365日の高いサービスレベルが求められる基幹システムの場合は、複数拠点でバックアップ体制を構築することや、運用業務のアウトソーシング利用も検討する必要があります。

システム構築する際の事前準備

システム構築を成功に導くためには、事前準備が不可欠です。このセクションでは、プロジェクト開始前に行うべき重要な準備工程について解説します。

目指すべきゴールの設定

まず最初に、システム構築で実現したい目標を設定します。システム導入の目的を明確化し、具体的な達成目標を定めることが重要です。

例えば「受発注業務の効率を30%改善する」「顧客データの一元管理で商談成約率を20%向上させる」などのように、可能な限り数値目標を用いた明確なゴール設定が望まれます。併せて、目標達成のために必要な機能や業務プロセスの改善内容についても示します。

これによって、後の要件定義や作業工程や必要人員の見積もりに必要十分な指針が得られます。目標設定があいまいだと、設計方針が確定しにくく、開発後の成果測定が困難になるリスクがあるため、事前準備として特に重視する必要があります。

目標設定にあたっては、経営陣と利用する人たちが同じ認識を持つことが大切です。システム導入のコンセプトやテーマを経営側から提示し、業務の当事者である利用する人たちが具体的な目標値を設定する、という流れが一般的です。事前準備として、十分な目的の共有と議論を重ねることが欠かせません。

必要な技術を理解する

次に、目標を達成するために必要な技術を把握します。

まず、業務要件からシステムで実現すべき機能を洗い出し、その機能を支える上で必要となるプログラムやシステムなどの技術要素をまとめます。例えば、大量取引データの即時処理を実現するためには、最新のサーバー機器の導入が必須である、といった感じです。

次いで、実際に利用可能な技術の中から、最適な手段を選定していきます。クラウド利用かオンプレミスか、パッケージ製品の活用か自社開発か、といった判断が求められます。コストと工期のバランスを図りつつ、信頼性やセキュリティも考慮した技術選定が不可欠であり、十分な調査と比較検討が欠かせません。

予算と人材の計画

目標と技術が決まったら次のステップとして、期間やコスト、人材の計画を立てます。

まず全体工程を立案し、要件定義からテスト、移行や保守に至るまでのフェーズごとに、必要工数と日数を推定します。これらと並行して、必要な機器調達やソフトウェアのライセンス、外部委託の費用などを算出していきます。工数とコストの見積もりを統合することで、プロジェクト全体の予算計画が作成できます。併せて実際に業務を遂行するための、適任者の明確化、外部リソースの活用計画、人員確保スケジュールの策定なども欠かせません。

計画の見直しと先行投資が必要なことなども考慮し、ある程度の余裕を見込んだ資源計画を立てることが大切です。

リスク管理

システム構築におけるリスク管理では、計画の策定時に想定し得るリスクを洗い出し、影響度と発生可能性を評価した上で対策を立案します。

例えば、突発的な仕様変更による工程の遅延などがあります。このリスクが実際に起こった際の影響度は大きいものの、発生可能性は低いため、仕様変更手続きの事前検討や工程に余裕を持たせることで対処できます。

逆に設計ミスといったリスクは、発生頻度が高く日常的に注意が必要です。リスクリストの作成に当たっては、第三者の視点も取り入れ、思いつかない盲点を減らすことがポイントとなります。こうしたリスク検討を踏まえた上で、作業工程や必要人員の見積もりを再び考え直すことで、より現実的なプロジェクト計画を策定できます。

システム構築会社の選定ポイントと注意点

システム会社を選ぶ際に、いくつか大切な要素があります。 ここでは、その会社を選ぶためのポイントと、気をつけるべき点を説明します。

専門性と開発言語

まず、自社が使いたい技術に詳しいかどうかを確認しましょう。例えば、受発注システムを構築したい場合、業界標準のパッケージをカスタマイズして利用するのか、自社開発するのかで必要な技術が異なります。

パッケージのカスタマイズなら、そのベンダーが推奨する開発言語を使いこなせることなどが大切です。自社開発なら、要件定義から設計、プログラミングまで一貫して対応可能な開発力が不可欠です。事前に自社の方針を確認した上で、システム構築会社の技術領域と経験の有無をしっかり確認しましょう。

加えて、対象システムの規模や機能面から、クラウド利用なのか、それともオンプレミスなのか、いずれのアプローチが適切かも判断のポイントになります。

例えば、データ量が膨大な基幹系システムであれば、高性能なオンプレミス環境を構築・運用できる技術力が求められます。判断に迷う場合は、システム構築会社のアドバイスも参考にしつつ、自社の方針を固めることをおすすめします。

過去開発実績と顧客評価

次に、似たようなシステムを作った経験があるかをチェックします。例えば、業界特有の複雑な業務ロジックを含む基幹システムの構築を検討している場合、その業界やシステム領域の開発実績が豊富であることが重要視されます。実績が十分でなければ要件定義の見極めが甘くなったり、不具合が多発するリスクがあります。

一方、実績プロジェクトの業種や規模などの条件を明確にし、類似するケースでの開発経験を尋ねて確認することをおすすめします。

加えてその会社の実績が、どのようなプロセスで構築されたものなのかを確認することも大切です。例えば、安価なパッケージ製品のカスタマイズ中心による実績なのか、自社設計からの新規構築なのかで導入効果に違いが生じます。自社要件に適合する形での開発経験が、豊富であることを確認するようにしましょう。

コストパフォーマンス

費用と工数が会社のレベルに見合っているかも大切です。例えば、構築するシステムの規模と同等の過去事例を確認し、その際のコストと期間が、提案内容と大きくかけ離れていないかを判断する必要があります。また、本プロジェクトの特性上、高額な外部パッケージ導入が必要と見込まれる場合は、そのライセンス料相当分が見積に適切に反映されているかも重要なポイントです。値段と納期の妥当性を、複数の類似プロジェクトとの比較検討により確認することをおすすめします。

そして、追加機能の依頼に対応可能な体制が整っているかも、確認するポイントです。テスト利用中に要望が拡大することが多く、柔軟に対応できる開発力量が求められます。見積金額だけでなく、拡張性や保守体制まで視野に入れた評価が重要です。

コミュニケーションの取りやすさ

システム構築会社とのコミュニケーションが、円滑に取れるかどうかも重要なポイントです。質問や依頼に対する対応スピードを確認したり、担当者との間に信頼関係が構築できそうかを事前に判断することが望まれます。

特に要件定義や設計フェーズでは、密な議論が欠かせず担当者間の人間関係が、プロジェクトの成否を大きく左右します。打合せ時の雰囲気も確認する意味で、実際の開発メンバーが同席するデモンストレーションを事前に設定することをおすすめします。

加えて、システム構築会社側の顧客担当者がプロジェクトマネージャーと直結していることで、素早い進捗管理と意思決定を可能にします。コミュニケーションを密に取れる体制が整っているかも、重要な確認ポイントといえます。

アフターサポートとメンテナンス体制

運用後の保守体制として、障害発生時の対応ルールやメンテナンスの頻度を事前に定めておくことも大切です。

例えば、障害が発生した際の受付から初動までの時間サービスレベルに応じた復旧目標時間を設定します。また法改正への対応や、システム改修の際にかかる費用と、その支払い条件についても定めておきましょう。

可能な限り、詳細な段階的なプロセスを契約時に明確化することで、安心して運用できる後方支援体制を確保できます。

特にクラウドサービスの場合、サービス事業者とは別にヘルプデスク窓口などを構築することで、業務側の対応を最適化できます。

障害受付対応を含めた運用支援を、システム構築会社にアウトソーシングする方法もあります。コストと体制を比較検討した上で、自社の業務特性に合わせた保守・支援体制を構築することが大切です。

隠れたコストの可能性には要注意

想定外の追加料金が発生しないよう、どのような場合に追加コストが請求されるのかも、契約時に明確化する必要があります。

例えば、追加要件による設計変更やテスト工数の増加が発生した際の、計算方法を確認します。また、パッケージシステム利用の場合、利用者数増加に応じたライセンス追加購入等の条件も、事前に確認しておきましょう。

システム完成後のデータの追加移行に関しても、人日単価と想定工数をある程度明示することを求めましょう。可能な限り、追加作業の内容ごとに料金の決め方を明確にし、あとから不意に請求が来ることを防ぐことが大切です。

まとめ

今回の記事では、システム構築の基本的な意味から、構築プロセス、技術、コストの詳細までを解説しました。

システム構築を検討中の方は、まずは株式会社Jiteraにご相談ください。豊富な実績とノウハウで、最適なシステム構築に向けてアドバイスいたします。

具体的には、目的に応じた開発手法、コストと期間の算定、クラウド活用などのご提案を通じて、貴社に合った最適な構築方針を一緒に考えていきます。

Author of this article
Kota Ishihara

近畿大学理工学部生命科学科卒業。卒業後は、独学でプログラミングスキルを取得し、2022年10月にフリーランスになり現在も日々勉強中。 また視野を広げる為、ヨーロッパや東南アジアなどへ冒険をしながら、さまざまな人と交流を重ねる。 将来の夢は、ヨーロッパへの移住。尊敬する人は岡本太郎。

コスト削減も課題解決も同時に実現

「JITERA」で迅速
ソフトウェア開発

開発を相談する

「JITERA」を使って開発コスト削減

経験豊富なメンバーがゼロから伴走支援

開発を相談する
Recommended articles for you

Discover more of
what matters to you

まるごと開発委託は
JITERAまで

弊社のPM・エンジニア・デザイナーが新規事業・DXプロジェクトをすべて担当します

お問い合わせ