日本でIoT開発に強い大手システム会社・企業ランキング15選を比較!一覧表と活用事例も!

IoT開発の依頼を検討しているが、具体的にどの会社・企業を選べばよいか迷っている方は少なくないでしょう。IoT開発は最先端技術を使ったシステム開発ですが、具体的な方法や目的を把握しないと、思うように開発を進められません。

そこでこの記事では、IoT開発に強いシステム会社・企業ランキングを15位まで紹介します。ほかにもIoT開発に関する基本的な知識やメリット、課題、開発会社の選び方まで解説します。IoT開発に強い会社がわかり、自社に活かせる情報がわかる記事です。ぜひ最後までご覧ください。

Nao Yanagisawa
監修者 Jitera代表取締役 柳澤 直

2014年 大学在学中にソフトウェア開発企業を設立

2016年 新卒でリクルートに入社 SUUMOの開発担当

2017年 開発会社Jiteraを設立
開発AIエージェント「JITERA」を開発

2024年 「Forbes 30 Under 30 Asia 2024」に選出

アバター画像
執筆者 rin_writer

システムエンジニアとしてモバイルアプリ開発を経験。 最近はAIに興味を持ち勉強中。

\エキスパートが回答!/
この記事に関する質問はこちら
記事に関するご質問以外にも、システム開発の依頼やAIの導入相談なども受け付けております。

    会社名必須
    必須
    必須
    Eメール必須
    電話番号必須
    ご依頼内容必須

    日本のIoT開発に強いシステム会社・企業ランキング

    日本のIoT開発に強いシステム会社・企業ランキングは以下のとおりです。

    1. 株式会社Ui2
    2. 株式会社スカイアーチネットワークス
    3. 東京計器インフォメーションシステム株式会社
    4. 株式会社ACCESS
    5. 株式会社ヨコハマシステムズ
    6. 株式会社farmo
    7. アステック株式会社
    8. 株式会社アイ・エス・ビー
    9. 株式会社オーイーシー
    10. エイムネクスト株式会社
    11. 株式会社NEX-GEN
    12. 株式会社CAMI&Co.
    13. 人和ネットワーク株式会社
    14. 株式会社アイエンター
    15. 株式会社メビウスボックス

    IoTに関する開発依頼をする際は、上記の企業を比較検討してみましょう。

    1位: 株式会社Ui2

    株式会社Ui2は、東証スタンダード上場の株式会社ヴィンクスの子会社です。リテール業界のデジタルトランスフォーメーション(DX)支援やECシステム開発などのITソリューションの展開しています。世界的ファッションブランドや有名スポーツブランドなどの大手クライアントを顧客に持ち、ECサイトを中心にシステム全体の提案、構築、および運用が主な事業です。

    Ui2はニューリテールソリューションプロバイダーとして位置付けられており、顧客のニーズに合った柔軟なサービスを提供しています。

    株式会社Ui2の公式サイトはこちら

    2位:株式会社スカイアーチネットワークス

    株式会社スカイアーチネットワークスは、主にクラウド技術コンサルティング、開発、運用、アプリケーションの企画開発、運用、企業向けIT人材育成、内製化支援などの事業を展開しています。また、同社はAWSの構築から運用、セキュリティ対策までトータルにサービスを提供するクラウドインテグレーターです。

    元々はサーバー管理を主要な事業として展開していましたが、近年では新しいサービスの開発・提供も行っており、売上高の拡大を目指しています。具体的な事業内容としては、クラウド技術関連のコンサルティングや開発、サーバー運用管理、保守、障害対応などがあげられます。

    株式会社スカイアーチネットワークスの公式サイトはこちら

    3位:東京計器インフォメーションシステム株式会社

    東京計器インフォメーションシステム株式会社は、オンラインサービス、受託計算、運用保守管理、教育などの一般企業向けサービスを提供しています。また、コンサルティングからシステム開発、ハードウェア購入、インフラ構築、保守管理に至るまでのトータルサポートを通じて顧客のニーズを実現できる企業です。

    東京計器株式会社は、民需・官需両方の事業で社会インフラを支える計器メーカーとして、さまざまな精密機器を通じて暮らしの基盤を支えています。

    東京計器インフォメーションシステム株式会社の公式サイトはこちら

    4位:株式会社ACCESS

    株式会社ACCESSの事業内容は大きく分けて IoT(ビーコン、電子出版)、Webプラットフォーム(ブラウザ)、ネットワーク(ネットワークOS/ホワイトボックス)の3つです。会社はモバイル、クラウド、ブラウザ、ビーコンなどの先進技術を活用し、豊かな社会と暮らしの創造を目指しています。

    また、組み込み機器向けのWebブラウザ開発やIoT事業、電子出版事業を柱として展開しており、株式会社ACCESSは世界トップクラスのWebブラウザ技術を持ち、創業時から「モノとインターネットをつなぐ」が理念です。

    株式会社ACCESSの公式サイトはこちら

    5位:株式会社ヨコハマシステムズ

    株式会社ヨコハマシステムズは、システム開発およびICタグ(RFID)などの先端技術を活用した業務管理システムの開発を行っています。先進的なWebシステムやICタグ(RFID)などの先端技術を取り込んだシステム開発を行っており、建設・土木業界向け業務管理システムなどに特化したサービスの提供が中心です。

    新しい価値の創造と感動の文化の創造を理念とし、全社員をあげて更なる発展を目指しており、システム開発の受託請負を行う他、レーザー加工機の販売や周辺事業にも携わっています。ヨコハマシステムズは先進的な技術を活用した幅広いサービスを提供し、顧客ニーズに応える企業です。

    株式会社ヨコハマシステムズの公式サイトはこちら

    6位:株式会社farmo

    株式会社farmoはスマート農業に関連する製品やサービスの開発・生産・販売を行っています。具体的には、ハウス内のモニタリングシステムや水田の水管理を省力化させる水位センサーおよび自動給水システムなどのIoT技術を活用した製品を提供しており、農家を支援し地域に貢献することをビジョンとして掲げる企業です。

    株式会社farmoの主要製品には、気温や湿度、炭酸ガス濃度など、ハウス管理に必要なデータを1台で取得できるオールインワンの環境センサー「ハウスファーモ」があります。

    株式会社farmoの公式サイトはこちら

    7位:アステック株式会社

    アステック株式会社の事業内容は、主にシステム開発および制御系システムソフトウェア開発です。また、ベーシックソフトウェア開発からアプリケーションソフトウェア開発まで幅広くサポートも行っています。ほかの分野では、水質浄化や資源リサイクルなどの環境技術にも関連する事業も行う企業です。

    細胞培養装置やPCR装置、受精卵専用培養装置などの医療機器、工業計器や各種検査装置の設計および販売を通じた生産環境の省エネ・省力化を推進する製品などアステック株式会社は医療、産業、情報技術、および環境技術分野に幅広く貢献しています。

    アステック株式会社の公式サイトはこちら

    8位:株式会社アイ・エス・ビー

    株式会社アイ・エス・ビーの事業内容は、モバイル、医療、車載などの組込みソフトウェア開発です。具体的には、モバイル機器などの検証や車載、医療などの組込み系ソフトウェア開発を行っています。主要製品・サービスにはモバイル機器等の検証、基幹システム構築におけるソフトウェア開発(官公庁、金融、通信、運輸向け)、ラウド等のインフラ構築、運用設計および運用保守サービスなどがあります。

    株式会社アイ・エス・ビーは卓越した技術とサービスを経営理念とし、携帯電話関連のソフトウェア開発にも注力しています。

    株式会社アイ・エス・ビーの公式サイトはこちら

    9位:株式会社オーイーシー

    株式会社オーイーシーは、主にICTを基盤とした社会の実現のためのソリューションを提供する企業です。具体的には、システムインテグレーションサービスやソフトウェア開発、AI、IoT、ドローンなどの先端テクノロジーの追求と新たな製品・サービスの開発に取り組んでいます。

    大分本社を中心に東京本社や各地に支社や事業所を持ち、ソフトウェア開発で培ったノウハウと技術力を活かしている点が特徴です。ほかにも、クラウド型セキュリティシステムやポータル、SNSビジネスモデルなどの企業向け総合メニューも提供しています。

    株式会社オーイーシーの公式サイトはこちら

    10位:エイムネクスト株式会社

    エイムネクスト株式会社の事業内容は、コンサルティング、エンジニアリング・インテグレーション、アウトソーシング、ビジネスの4つです。エイムネクスト株式会社は海外展開も積極的に行っており、中国(大連)、ベトナム(ホーチミン)、シンガポール、インドネシア(ジャカルタ)に現地法人を設立しています。

    また、製造業・サービス業の顧客を対象にした製品(サービス)を提供し、顧客の競争力強化を支援しており、コンサルティング会社として、戦略、業務プロセス、組織、IT 技術など複数の視点で顧客企業の課題解決に取り組んでいます。

    エイムネクスト株式会社の公式サイトはこちら

    11位:株式会社NEX-GEN

    株式会社NEX-GENは、SAPソリューションおよびサービスやウェブ・モバイルアプリケーションの開発などのサービスを提供する企業です。NEX-GENは顧客のニーズに合わせたSAPソリューションを提供し、さまざまな産業や領域において高性能なERPソリューションを実装しています。

    ほかにも、通信機器の開発・製造とソフトウェア開発も行っており、グローバルなITサービス企業として、幅広い製品とサービスを提供しています。

    株式会社NEX-GENの公式サイトはこちら

    12位:株式会社CAMI&Co.

    株式会社CAMI&Co.は、経営コンサルティングを主力としていましたが、最近ではIoT/DX事業にも参入している企業です。ハードウェア開発やIoT製品開発のノウハウを活かし、ハード受託事業や自社製品の開発も行っています。DX/IoTによってあらゆるシーンを効率化し、人々の暮らしを豊かに変革することをビジョンに掲げている点が特徴です。

    簡単な仕様のIoT/DX環境構築サービスやIoT-DX環境構築キットを使用したIoT製品開発のノウハウを活かしたサービス、技術・コスト・時間の問題を解決し、IoT/DXを実現する革新的なサービスである「IoT-DX-Kit」を提供しています。

    株式会社CAMI&Co.の公式サイトはこちら

    13位:人和ネットワーク株式会社

    人和ネットワーク株式会社の主要な事業は、アプリケーション開発やシステム開発などのIT関連サービスです。さらに、同社はシステムインテグレーションサービス、システム企画提案、システムコンサルティング、オフショア開発管理など幅広い事業を展開しています。

    金融業界でのブロックチェーン技術や品質管理技術を活かしたWebアプリケーション開発なども行っており、個人情報保護にも配慮し、個人情報保護マネジメントシステム(PMS)を構築している企業です。

    人和ネットワーク株式会社の公式サイトはこちら

    14位:株式会社アイエンター

    株式会社アイエンターはシステムソリューションやクラウドインテグレーション、先端技術研究開発などの事業を行っている企業です。アイエンターは、システムソリューション事業を主軸に、さまざまな分野での業務を展開しており、クリエイティブやデジタルマーケティングなど、幅広い分野での活動も行っています。

    海洋関連技術にも取り組んでおり、海洋環境のモニタリングシステム提供や自動化技術に関連するサービスなどの事業も行っている企業です。

    株式会社アイエンターの公式サイトはこちら

    15位:株式会社メビウスボックス

    株式会社メビウスボックスは、自社AIサービスの開発と受託開発事業を展開しています。また、同社は幅広い業務に従事し、企業の業務分析からシステムコンサルティングなどを提供しています。さらに、iOSアプリ開発、Androidアプリ開発、クラウドインフラ構築などのサービスも利用可能です。

    医療分野では、精神疾患患者の電子カルテを読み取って患者の状態を数値化し、精神状態を可視化するサービスを提供しています。

    株式会社メビウスボックスの公式サイトはこちら

    IoT開発を支援するシステム会社の選定ポイント

    IoT開発を支援するシステム会社の選定ポイントは以下のとおりです。

    • 開発会社の得意分野を知る
    • 費用で比べる
    • IoTを活用する目的を明確にする

    上記のポイントを把握しておくと、より自社に合った支援を受けられます。

    開発会社の得意分野を知る

    開発会社の得意分野を知るポイントとして、以下のアプローチがあります。

    • 開発実績の確認:開発会社の過去の実績を確認することで、その会社の得意分野を具体的に把握できます。これにより、自社の要望やニーズに合った最適なシステムを開発してもらえるでしょう。
    • 技術やプラットフォームの特化:会社がどのような技術やプラットフォームに特化しているかを確認することも重要です。例えば、特定のシステムやプログラミング言語に強い会社があるため、それに合致するかどうかを確認できます。
    • コミュニケーション能力の確認:初回の打ち合わせやヒアリングの際に、相手の対応やコミュニケーション能力も確認することが重要です。得意分野が合致していても、コミュニケーションが取りづらい会社では、開発が難航する可能性があります。

    これらのポイントを把握することで、開発会社の得意分野をより深く理解し、自社のニーズに合った会社を選べます。

    費用で比べる

    開発会社を費用で比べる際は、同様のシステム開発にかかる費用の目安を把握し、複数の会社の見積もりを比較しましょう。システム開発の種類別費用を把握し、ほかの開発依頼における見積もり事例を参考にすることで、適正価格で開発依頼を発注できます。開発内容により最適な費用で依頼できる企業が異なるケースもあるため、比較検討が重要です。

    IoTを活用する目的を明確にする

    IoTを活用する目的を明確にするための方法は以下のとおりです。

    • 業務上の課題の特定:現在の業務上の課題や改善すべき点を特定します。例えば、生産性向上、コスト削減、効率化などの課題です。
    • IoTの活用事例の調査:IoTの活用事例を調査し、類似する業種や業務においてどのように活用されているかを理解します。例えば、倉庫における在庫管理や製造現場における機械のモニタリングなどです。
    • 技術的・経済的可行性の検討: IoTを活用するためには、技術的な面や経済的な面での可行性を検討する必要があります。具体的には、必要なセンサーや通信インフラの整備、データ解析のためのシステム構築などです。

    これらの方法を用いて、IoTを活用する目的を明確化できます。

    IoT開発は、ぜひ当社にお任せください!
    Jiteraが無料で技術相談に乗ります!
    お気軽にご相談ください!

      会社名
      メールアドレス
      ご相談内容

      IoT開発とは?メリットとデメリット

      IoT開発の基本とメリット・デメリットを把握するうえで重要なポイントは以下のとおりです。

      • IoT開発とは?
      • IoT開発の費用相場
      • IoT開発のメリット
      • IoT開発のデメリット

      上記のポイントを把握していると、自社に適したIoT開発をしやすくなります。

      IoT開発とは?

      IoT開発とは、物理的なデバイスに通信機能を搭載し、インターネットに接続してデータを収集・分析・活用するためのシステムやサービスを開発することを指します。IoTは「Internet of Things」の略で、直訳すると「モノのインターネット」となり、物理的な物だけでなく、機械や人間の行動、自然現象、生物の行動なども含む広範な概念です。

      IoT開発には、ソフトウェア開発に必要な知識や技能に加えて、電子工作や回路図の理解、オームの法則やキルヒホッフの法則などの電気電子の基礎理論、無線通信や有線通信のネットワーク知識、情報セキュリティに関する知識が必要です。また、IoT開発にはハードウェア、ファームウェアの知識、通信技術、データ収集・分析技術、アプリケーション開発技術などが含まれます。

      IoT開発の流れとしては、要件定義、外部設計、内部設計、プログラミング、単体テスト、結合テスト、システムテスト、運用といった一連のプロセスがあります。開発にはフルスタックエンジニアのような幅広いスキルを持つ人材が求められることが多いです。

      IoT開発においては、センサーやカメラなどのデバイスを用いてデータを取得し、RFIDやバーコードなどの識別子を使ってデータを機械が取り込みやすくし、ネットワーク機器や通信プロトコルを通じてデータを送信します。代表的な通信プロトコルにはHTTP(S)やMQTTがあります。また、IoTシステムのセキュリティは非常に重要であり、適切なセキュリティ対策が必要です。

      IoT開発の費用相場

      IoT開発の費用相場については、プロジェクトの規模や複雑さによって大きく異なりますが、一般的な目安は以下のとおりです。

      • 小規模なIoTシステムの開発:数十万円から数百万円程度
      • より大規模で複雑なIoTシステム:140万円から700万円程度

      これらの費用には、システム開発に必要な人件費や設備費が含まれており、人件費が全体の約8割を占めることが多いです。また、開発後の保守・運用費用も発生する可能性があるため、見積もりを取る際にはこれらのコストも考慮する必要があります。

      IoT開発を外注する際には、開発会社との契約前に必ず見積書の作成を依頼し、要件を明確にしておくことが重要です。開発会社を選ぶ際には、その会社が得意とする開発分野や提供する見積もりのわかりやすさなどを考慮することが推奨されます

      IoT開発のメリット

      IoT開発のメリットには以下があげられます。

      • 効率化とコスト削減:IoTを活用することで、生産ラインの効率化や設備管理の効率化が可能です。
      • リアルタイムモニタリング: IoTによって生じるデータをリアルタイムで収集し、分析できます。
      • 予知保全: IoTを使用することで、設備の異常検知や予知保全が可能です。
      • 生産リードタイムの短縮:IoTの活用によって生産リードタイムを短縮できます。

      IoTを導入することで、業務効率が改善し生産性の向上につながるでしょう。

      IoT開発のデメリット

      IoT開発のデメリットには以下があげられます。

      • セキュリティリスク: IoTシステムはハッカーやマルウェアの標的となりやすく、セキュリティリスクが存在します。
      • 通信障害や機器の故障:IoTデバイスやセンサーの故障、また通信障害によってシステムの信頼性が低下する可能性があります。
      • 電力供給に頼っている:IoTデバイスは電力に依存しており、電力供給に関する課題がデメリットです。

      IoTのデメリットには、セキュリティリスクや通信障害による信頼性低下などがあげられますが、これらの課題に対処するための技術的な取り組みも進んでいます。

      IoT開発の流れ

      IoT開発の流れは以下のとおりです。

      1. 要件定義をする
      2. 設計する
      3. プログラミングする
      4. テストとリリースをする
      5. 保守運用を継続する

      上記の流れを把握しておくと、IoT開発をより最適なものにしやすいです。

      要件定義をする

      IoT開発の要件定義は、特定のシステムやデバイスが満たす必要がある機能や性能を文書化するプロセスです。要件定義は、システムの範囲、利害関係者のニーズ、機能要件、非機能要件などを明確にし、開発プロセス全体での指針となります。具体的には、エッジデバイス、クラウド、アプリケーションなどの構成要素を考慮し、要件定義を行います。

      設計する

      IoT開発の設計では、要件定義に基づいてシステムの構造や機能を具体化し、システム全体の設計を行います。具体的には、エッジデバイス、クラウド、アプリケーションなどの構成要素を考慮し、システム全体の設計が中心です。

      プログラミングする

      IoT開発のプログラミングでは、さまざまなプログラミング言語が使用されます。特に、IoT開発でよく使用されるプログラミング言語は以下のとおりです。

      • C言語:ハードウェアに近い次元で動作し、低レベルな制御が必要な場面で使用されます。
      • C++:C言語をベースにしたオブジェクト指向プログラミング言語で、リアルタイムシステムやリソース制約のあるシステム向けに使用されます。
      • アセンブリ言語:ハードウェアに直接命令を送ることができる低級言語で、リアルタイム性や効率性が求められる場面で使用されます。

      これらの言語は、IoTデバイスやシステムの制御や効率的な動作を実現するために利用されます。IoT開発においては、これらの言語を理解し、適切に活用することが重要です。

      テストとリリースをする

      IoT開発のテストでは、 IoTデバイスやシステムの組み込みソフトウェアのテストやデバイス間の通信やセンサーデータの収集など、ネットワーク通信の正常性を確認を行います。また、セキュリティテストでは IoTシステムのセキュリティを確保するための脆弱性診断やペネトレーションテストを実施します。

      リリースの段階では開発したシステムやアプリケーションを実際の環境に展開するデプロイメント、ユーザーがシステムを使用してフィードバックを提供し、最終的な修正や調整を行うユーザーテストが中心です。

      保守運用を継続する

      IoT開発の保守運用では、以下の具体的な活動を行います。

      • システムモニタリング:IoTシステムの稼働状況やデバイスの動作を監視し、問題が発生した際に迅速に対応します。
      • セキュリティパッチの適用:システムやデバイスのセキュリティを維持するために、定期的にパッチ適用や脆弱性対策を実施します。
      • データバックアップと復旧:IoTシステムで生成されるデータのバックアップを取り、災害などの際に迅速な復旧を行います。

      これらの活動は、IoTシステムの安定稼働とセキュリティ確保を目的として行われます。

      IoT開発における課題

      製造業でもIoTやAIを活用し、モノ売りからコト売りに変化を遂げる企業が増加傾向です。IoTの利点としては労力の削減、利便性の向上、コストの最適化、防災対策、教育分野での活用などがあげられます。そんなIoT開発ですが、いくつか課題があるのも現状です。一体どんな課題を抱えているのか、以下で解説していきます。

      通信負荷がかかる

      IoT導入に伴う通信負荷の増大は、ネットワークの信頼性や性能の観点からリアルタイム性を確保することを難しくし、通信量やデータ量の爆発的な増加によって従来の集中管理型のネットワークシステムでは対処できないケースがあります。また、各拠点でIoTデバイスが増加することで、拠点毎の通信負荷が増大し、集中管理するサーバの通信量・データ量も増加傾向です。

      さらに、IoTを普及させるための課題として、ネットワークの負荷が過剰になることが指摘されています。これらの課題に対処するためには、省電力のIoT端末や効率的なデータ通信方法の開発が必要とされています。

      セキュリティリスクがある

      IoT機器には脆弱性を狙った攻撃により、情報漏洩被害に発展するリスクがあります。さらに、IoT機器のセキュリティ対策の不備により、お客様やメーカーに被害が及ぶ可能性が指摘されています。また、IoTの普及に伴いセキュリティリスクが増大する課題も指摘されています。これらのリスクに対処するためには、適切なセキュリティ対策が重要です。

      開発・運用の難易度が高い

      IoT開発には開発・運用の難易度が高い課題があり、IoT端末の開発や運用における通信負荷の増大やデータ量の爆発的な増加が原因にあげられます。さらに、IoT活用では成果が出るまでのスパンが長く、適切な人材の確保や継続的な予算確保、長期的な視点での取り組みが必要です。

      これに加え、セキュリティリスクの増大やネットワークの負荷過剰化も課題として指摘されています。これらの課題に対処するためには、省電力のIoT端末や効率的なデータ通信方法の開発が実現できる長期的な視点での計画立案が必要です。

       

      IoT開発でお悩みの企業様、ぜひJiteraにご相談ください。最新技術と豊富な実績を活かし、お客様のニーズに合ったIoTソリューションを提供します。Jitera

      Jiteraは、IoT開発に特化した高度な技術力と幅広い知見を持つエンジニアチームを擁し、お客様の事業に最適なカスタムソリューションを設計・開発します。

      JiteraのIoT開発支援の強み

      • 最新のIoT技術とプラットフォームを活用した高品質な開発
      • 機械学習やビッグデータ解析など、先進的なデータ活用手法の導入
      • セキュリティとプライバシー保護を重視した堅牢なシステム設計
      • スピーディーな開発とコスト効率化を実現する独自の開発プロセス

      Jiteraは、IoTを活用してお客様のビジネスに革新をもたらすパートナーです。製造業、農業、スマートホームなど、様々な業界に特化したソリューションを提供し、お客様の生産性向上と競争力強化を支援します。
      自社開発のコーディングオートメーションツールにより、開発工数と期間を大幅に削減しつつ、高い品質を維持します。また、アジャイル開発手法を採用し、柔軟な要件変更にも迅速に対応します。
      IoTの力でビジネスを変革し、新たな価値を創出したいとお考えなら、ぜひJiteraにご相談ください。貴社の課題とゴールに合わせた最適なソリューションをご提案いたします。
      今すぐJiteraに無料相談する

       

      IoT開発の活用事例

      IoT開発は、様々な分野の事業で活用されています。その中でも特に活用事例が多数みられる「農業」「スマートホーム」「工場」の活用事例を紹介していきます。IoT開発を検討している方は、是非参考にしてみてください。

      農業

      農業では、農家の経験を頼りにしている方が多いと思いますが、実際は農家の高齢化や後継者不足が深刻です。最近では、IoTを活用したロボット技術や情報通信技術「スマート農業」への関心が高まっています。

      例えば株式会社クボタでは、トラクタ・田植機・コンバインなど、農機の自動運転や無人化に取り組んでいます。また、農機からデータを収集して、スマートフォンやパソコンを連携することができます。そのため、食物の生育予測や最適作付の計画もデータを参考に検討を進められます。

      スマートホーム

      スマートホームとは、モノとモノが通信機器を通じて繋がり、人々の暮らしをより便利に快適にすることを指します。

      PHILIPS LIGHTING社は、スマート電球の「PHILIPS Hue」を開発し、スマートフォンの操作だけで簡単に照明のオンオフや明るさ調整、光の色指定が可能になりました。タイマーを使った照明の時間設定や動画配信サービスNetflixと連携し、映像に合わせた照明に調整もできます。IoTを活用した電球を取り入れるだけで、生活が非常に便利になります。

      工場

      工場でも数多くのIoTが採用され、パソコンメーカーの富士通では、IoTを活用した自社工場のデータ可視化を実現しました。今まで人の手によって行われてきたデータ測定を自動化し、また生産効率を向上させるために、国内数カ所の工場で工程を可視化することに力を入れました。ログ情報や作業に関する情報などすべてをタブレットに入力してデジタル化し、データを分析してグラフとして可視化しています。IoTを活用したことによって、課題の発見だけでなく、容易に改善点も見つけられます。

      IoT開発会社のまとめ

      ここまでIoT開発におすすめの開発会社やIoT開発をするうえでのメリット・デメリット、会社の選び方などを解説しました。IoT開発ができる会社は数多くあるため、自社がどんな開発をしてほしいのか目的を明確にしたうえで、複数の企業を比較検討することが重要です。

      もし依頼する開発会社に迷った際は、Jiteraがおすすめです。Jiteraに開発依頼すると自社開発プラットフォームにより、開発工数・期間の大幅な削減が実現し、コーディングオートメーションツールを使用するため人的ミスが少ないなどのメリットがあります。制作している途中で要件が変更になっても柔軟に修正しながら開発できるので、興味のある方はぜひ見積もり依頼や開発の発注を検討してみてください。

      Jiteraの公式サイトはこちら

      コスト削減も課題解決も同時に実現

      「JITERA」で迅速
      ソフトウェア開発

      開発を相談する
      おすすめの記事

      その他のカテゴリー

      email-img
      メルマガ登録
      JITERA社内で話題になった生成AIトレンドをいち早くお届けします。
      Thank you!

      Jiteraのメールマガジン登録が完了しました。