スマホアプリやソフトウェアの開発におすすめの開発ツール一覧!開発環境や開発言語も解説!

スマートフォンアプリやソフトウェア開発は、適切なツールと環境の選択が成功の鍵といえます。

この記事では、開発者が直面する様々な課題に対応するための最適な開発ツールを一覧で紹介し、それぞれの特徴や利点を詳しく解説します。

ノーコードからローコード、システム開発、Web開発ツールまで幅広くカバーし、さらに開発環境や言語の選定についても深掘りしているため、初心者から上級者までぜひ参考にしてみてください。

Nao Yanagisawa
監修者 Jitera代表取締役 柳澤 直

2014年 大学在学中にソフトウェア開発企業を設立

2016年 新卒でリクルートに入社 SUUMOの開発担当

2017年 開発会社Jiteraを設立
開発AIエージェント「JITERA」を開発

2024年 「Forbes 30 Under 30 Asia 2024」に選出

アバター画像
執筆者 hiro1120_writer

食品商社営業からシステムエンジニアへと転職後、バックエンドエンジニア(Java, PHP)として尽力。開発リーダーを含む上流工程〜下流工程に携わる。IT関連記事から芸能・法律など幅広ジャンルにて執筆。

\エキスパートが回答!/
この記事に関する質問はこちら
記事に関するご質問以外にも、システム開発の依頼やAIの導入相談なども受け付けております。

    会社名必須
    必須
    必須
    Eメール必須
    電話番号必須
    ご依頼内容必須

    開発ツールとは 

    開発ツールとは、ソフトウェアやアプリケーションの開発を効率的かつ効果的に行うために使用されるソフトウェアやプラットフォームの総称です。

    これには、コードの編集、デバッグ、コンパイル、テストなどのプロセスをサポートする様々なツールが含まれます。

    例えば、統合開発環境(IDE)のEclipseやVisual Studioは、コードの記述からデバッグ、プロジェクト管理まで一貫して行えるため、開発者にとって非常に重要なツールといえるでしょう。

    また、GitHubのようなバージョン管理システムは、チームでの共同開発を容易にし、コードの変更履歴を追跡するのに役立ちます。

    さらに、JenkinsやTravis CIのような継続的インテグレーションツールは、コードの統合とテストを自動化して開発プロセスの効率化を図ったツールです。

    これらツールを組み合わせることで、製造工程からテスト工程までを網羅しながらシステムの開発を進めることができます。

    開発ツール一覧

    開発ツールはソフトウェアやアプリケーションの開発を効率化し、できるだけ簡素化するための重要なツールです。

    特に最近注目されているのがプログラミング知識がなくても使用できる「ノーコード開発ツール」や比較的専門知識がなくても使用できる「ローコード開発ツール」です。

    これらのツールは、非技術者でもアプリケーションを作成できる利便性や効率性を兼ね備えた特徴を持っています。

    ここでは、各特徴を持った開発ツールのについてそれぞれ解説していきます。

    ノーコード開発ツール

    ノーコード開発ツールとは?

    ノーコード開発ツールは、プログラミング知識がなくても直感的なグラフィカルインターフェースを使ってアプリケーションやウェブサイトを構築できる革新的なツールです。

    例えば、BubbleやAdaloのようなツールを使用することでデータベースの作成、ユーザーインターフェースのデザイン、アプリのロジック設定などが可能になり、オンラインストアや顧客管理システムやモバイルアプリなどを簡単に作成できます。

    これらのツールは開発スピードを上げるだけでなくコスト削減をも実現し、小規模ビジネスオーナーから大企業まで幅広く利用されています。

    ノーコードツールは技術的な障壁を取り除くことで誰でも開発作業ができるように構築されており、今後のITビジネスにおいてもキーツールとなっていくことが予想できます。

    おすすめのノーコード開発ツール

     

    Bubble

    Bubbleは、Webアプリ開発に強みを持つノーコードツールです。

    ユーザーは、豊富な機能パーツをドラッグ&ドロップすることで複雑なWebアプリケーションを簡単に構築できます。

    このツールは、高度なカスタマイズが可能でありデータベースの管理、ユーザー認証、APIの統合などの多様な機能を提供しています。

    Bubbleは、その柔軟性と拡張性によりスタートアップや個人開発者に特に人気があります。

    https://bubble.io/

     

    AppSheet

    Googleが提供するAppSheetは、Google Workspaceとの連携に優れたノーコードツールです。

    ユーザーはGoogleスプレッドシートやExcelファイルを基に、簡単にカスタマイズ可能なアプリを作成できます。

    特にデータ駆動型のアプリケーションに適しており、業務効率化やデータ管理に役立つアプリを迅速に開発できる点が特徴です。

    https://about.appsheet.com/home/

     

    Adalo

    Adaloは、直感的なインターフェースを備えたノーコードツールで、Webアプリからモバイルアプリまで幅広い開発が可能です。

    特に、ユーザー体験を重視したアプリ開発に適しており、きれいなデザインのアプリを簡単に作成できます。

    また、Adaloのマーケットプレイスでは、多様なテンプレートやアドオンが提供されているため、アプリ開発の自由度も高いと言えます。

    https://ja.adalo.com/

     

    kintone

    サイボウズが提供するkintoneは、ビジネス向けの業務アプリ開発に特化したノーコードツールです。

    データベース機能とカスタマイズ可能なアプリケーション構築機能を組み合わせることで、業務プロセスのデジタル化や効率化を実現できます。

    特に、チームでのコラボレーションやワークフロー管理に強く、さまざまな業種での利用が可能です。

    https://kintone.cybozu.co.jp/

     

    STUDIO

    STUDIOは、デザインに特化したノーコードWebサイト構築ツールです。

    直感的な操作で見やすいWebサイトやランディングページを簡単に作成でき、デザインの自由度が高いのが特徴です。

    STUDIOは特にビジュアルにこだわりたいユーザーに適しており、ドラッグ&ドロップ操作でスタイリッシュなサイトを構築できます。

    また、レスポンシブデザインに対応しているため、PCやモバイルでの表示も最適化されています。

    デザインの知識がなくても、直感的な操作でプロフェッショナルなサイトを作成できる点が魅力でしょう。

    https://studio.design/ja

    ローコード開発ツール

    ローコード開発ツールとは?

    ローコードツールは、最小限のコーディングで複雑なアプリケーションを開発できるプラットフォームです。

    これらのツールは、ドラッグアンドドロップのインターフェース、プリセットのテンプレート、ビジュアルモデリングなどを活用して開発プロセスを簡素化できます。

    プログラミングの専門知識が限られているユーザーでも、アプリケーションの開発やカスタマイズが可能になります。

    例えば、ビジネスプロセスの自動化、データベース管理、クライアント向けのアプリケーション開発などの多岐にわたる用途に対応しています。

    ローコードツールは開発時間の短縮、リソースの節約、迅速な市場投入を実現できるため開発の柔軟性と効率性を高めます。

    おすすめのローコード開発ツール

     

    OutSystems

    OutSystemsは、エンタープライズレベルのアプリケーション開発を支援するローコードプラットフォームです。

    高度なセキュリティ、スケーラビリティ、統合機能を備え、複雑なビジネスアプリケーションの迅速な開発を可能にしています。

    モバイルアプリからウェブアプリ、内部業務システムまで幅広いニーズに対応しています。

    https://www.outsystems.com/ja-jp/

     

    Mendix

    Mendixは、直感的なモデリングとドラッグアンドドロップインターフェースを提供するローコード開発プラットフォームです。

    ビジネスユーザーと開発者が協力して迅速にアプリケーションを構築でき、クラウドネイティブアプリケーションの開発に特に適しています。

    https://www.mendix.com/ja/

     

    Microsoft Power Apps

    Microsoft Power Appsは、ビジネスプロセスの自動化とアプリケーション開発を簡素化するツールです。

    Office 365やDynamics 365などのMicrosoft製品との統合が簡単で、ビジネスデータを活用したカスタムアプリケーションの開発が可能です。

    https://www.microsoft.com/ja-jp/power-platform/products/power-apps

     

    Zoho Creator

    Zoho Creatorは、ビジネスアプリケーションの開発に特化したローコードプラットフォームです。

    データベースの作成、レポートの生成、ワークフローの自動化など、ビジネスのニーズに合わせたアプリケーションを簡単に開発できます。

    https://zoho.com/jp/creator/

     

    FileMaker

    FileMakerは、カスタムデータベースアプリケーションの開発に適したローコードツールです。

    直感的なインターフェースと豊富なテンプレートを提供しており、ビジネスデータの管理、追跡、レポート作成を簡単にしてくれます。

    https://www.claris.com/ja/

    システム開発ツール

    システム開発ツールとは?

    システム開発ツールは、ソフトウェアやアプリケーションの開発を効率化しrw品質を向上させるために使用されるツール群です。

    これらのツールは、プログラミング言語のコーディング、データベース管理、バージョン管理、デバッグ、テストなど、開発プロセスの各段階をサポートしてくれます。

    例えば、GitHubはコードのバージョン管理と共有に優れているため多くの開発者に利用されています。

    また、JIRAはプロジェクト管理ツールとして、タスクの進捗管理やチーム間のコミュニケーションを効率化してくれるでしょう。

    さらに、Dockerのようなコンテナ技術はアプリケーションのデプロイメントとスケーリングを容易にし、開発環境の一貫性を保ってくれます。

    これらのツールは、開発プロセスをスムーズにするだけでなくエラーのリスクを減らすことで、プロジェクトをオンスケで進めたりバグを出さないようにするための必須ツールともいえます。

    おすすめのシステム開発ツール

     

    GitHub

    GitHubは、コードのバージョン管理とチーム間での共同開発を強化するプラットフォームです。

    プルリクエストやイシュートラッキング機能により、コードレビューとフィードバックプロセスを効率化してくれます。

    オープンソースプロジェクトや企業のプライベートリポジトリの管理に広く利用されています。

    https://github.co.jp/

     

    JIRA

    JIRAは、アジャイル開発プロジェクトの管理に特化したツールです。

    タスクの割り当て、進捗追跡、スプリント計画などを簡単に行え、チームの生産性を向上させてくれます。

    カスタマイズ可能なボードとレポート機能によってプロジェクトの進行状況をリアルタイムで教えてくれるため、プロジェクトの円滑な進捗をサポートしてくれます。

    https://www.atlassian.com/ja/software/jira

     

    Docker

    Dockerは、アプリケーションのデプロイメントを容易にするコンテナ化技術です。

    開発環境の一貫性を保ちながらアプリケーションを迅速に展開し、スケーリングすることが可能です。

    Dockerは、開発、テスト、本番環境間の移行をスムーズにし、環境依存の問題を最小限に抑えてくれます。

    https://www.docker.com/ja-jp/

     

    Visual Studio Code

    Visual Studio Codeは、多機能かつ拡張性の高いソースコードエディタです。

    軽量でありながら、強力なデバッグツール、組み込みのGitコントロール、シンタックスハイライト、インテリセンス、スニペット、コードリファクタリングなど、開発者が必要とする多くの機能を提供しています。

    https://code.visualstudio.com/

     

    Postman

    Postmanは、API開発とテストを効率化するツールです。

    APIリクエストの作成、テスト、ドキュメント化、共有が簡単で、APIの動作確認やデータの検証を迅速に行うことができます。

    Postmanは、APIの開発プロセス全体をシームレスにサポートしてくれるため、開発者の生産性を向上させるでしょう。

    https://www.postman.com/

    Web開発ツール

    Web開発ツールとは?

    WEB開発ツールは、ウェブサイトやウェブアプリケーションの設計、開発、テスト、デプロイメントを支援するソフトウェアやアプリケーションのことです。

    これらのツールはコーディングの効率化、デザインの視覚化、バグの検出と修正、ウェブページのパフォーマンステストなど、ウェブ開発の様々な側面をカバーしてくれます。

    例えば、コードエディタは開発者がソースコードを書くための基本的なツールであり、フレームワークやライブラリは特定の機能やスタイルを迅速に実装するのに役立ちます。

    おすすめのWeb開発ツール

     

    React

    Reactは、ユーザーインターフェースを構築するためのJavaScriptライブラリです。

    コンポーネントベースのアーキテクチャを採用しており、再利用可能なUIパーツを作成できます。

    Facebookが開発しており、大規模なアプリケーションでも効率的なレンダリングとデータ管理が可能です。

    https://ja.react.dev/

     

    Angular

    AngularはGoogleによって開発された強力なフレームワークで、SPA(シングルページアプリケーション)の開発に適しています。

    TypeScriptベースで、データバインディング、依存性注入、ルーティングなどの機能を提供し、大規模なアプリケーション開発をサポートしています。

    https://angular.jp/

     

    Vue.js

    Vue.jsは、柔軟性と軽量さが特徴のプログレッシブJavaScriptフレームワークです。

    簡単なプロジェクトから複雑なアプリケーションまで幅広く対応し、簡潔な構文と詳細なドキュメントが初心者にも親しみやすいといえるでしょう。

    https://ja.vuejs.org/

     

    Bootstrap

    Bootstrapは、レスポンシブなウェブデザインを簡単に実現するためのHTML、CSS、JSフレームワークです。

    豊富なプリセットコンポーネントとカスタマイズ可能なテンプレートを提供しており、迅速なフロントエンド開発を可能にしています。

    https://getbootstrap.jp/

     

    Node.js

    Node.jsは、サーバーサイドのJavaScript実行環境で、非同期イベント駆動型アーキテクチャのため、高性能なバックエンドアプリケーションの開発が可能です。

    npm(Node Package Manager)を通じて、数多くのライブラリやツールを利用できます。

    https://nodejs.org/en

    開発のお困りごとはJiteraにご相談ください!
    Jiteraが無料で技術相談に乗ります!
    お気軽にご相談ください!

      会社名
      メールアドレス
      ご相談内容

      開発環境と開発言語

      開発環境と開発言語は、ソフトウェア開発の基盤となる要素です。

      開発環境は、ソフトウェアを開発するためのハードウェア、ソフトウェア、ツール、サービスの組み合わせを指し、開発言語はそのソフトウェアを記述するために使用されるプログラミング言語を意味します。

      現代の開発環境は多様化しており、クラウドベースの環境からローカル環境までプロジェクトのニーズに応じて選択されます。

      一方、開発言語もプロジェクトの要件や開発者の好みによって異なり、Java、Python、JavaScriptなどが広く用いられています。

      ここでは開発環境と開発言語についてそれぞれ解説していきます。

      開発環境の選定

      クラウドベースの開発環境

      クラウドベースの開発環境は、インターネットを介してアクセスされるリソースとツールにおける開発環境のことです。

      この環境の最大の利点は、物理的なインフラストラクチャへの投資が不要であることです。

      例えば、Amazon Web Services(AWS)、Microsoft Azure、Google Cloud Platformなどが提供するサービスを利用することで、開発者はどこからでもアクセスしてリソースを柔軟にスケーリングできます。

      これにより開発期間の短縮やコスト削減が可能になりますが、セキュリティやプライバシーの懸念、インターネット接続への依存度の高さなど考慮すべき点もあるといえます。

      ローカル環境の利点

      ローカル開発環境では、開発者の個人的なコンピューター上にすべての開発ツールとリソースが設置されます。

      このアプローチの主な利点は、インターネット接続に依存しないことと環境の完全なコントロールが可能であることです。

      ローカル環境ではセキュリティが強化され、外部からのアクセスに対するリスクが低減されます。

      また、開発者は自分の好みに合わせて環境をカスタマイズでき、必要なツールやライブラリを直接インストールして使用できます。

      例えば、Visual Studio CodeやEclipseといった統合開発環境(IDE)をローカルに設置し、プロジェクト固有の設定を行うことができます。

      しかしローカル環境のデメリットとしては、システムのセットアップとメンテナンスに時間がかかること、またチームメンバー間での環境の一貫性を保つのが難しいことが挙げられます。

      開発言語の選択

      Java

      Javaは、オブジェクト指向プログラミング言語で、プラットフォーム独立性が最大の特徴です。

      Javaで書かれたプログラムは、異なるオペレーティングシステム上でも同様に動作する「Write Once, Run Anywhere」(一度書けばどこでも動く)の原則に基づいています。

      例えば、Windows上で開発されたJavaアプリケーションは、LinuxやmacOS上でも変更なしで実行可能です。

      この特性は、企業が多様な顧客基盤に対応するためのアプリケーションを開発する際に特に有用です。

      また、Javaは強力なメモリ管理とガベージコレクション機能を備えており、大規模なエンタープライズアプリケーションやAndroidモバイルアプリケーションの開発に広く使用されています。

      HTML・CSS

      HTMLとCSSはウェブ開発において基本となる技術です。

      HTML(HyperText Markup Language)はウェブページの構造を定義するために使用され、テキストコンテンツや画像、リンクなどのウェブページ要素を記述します。

      一方、CSS(Cascading Style Sheets)は、これらのHTML要素のスタイルを定義するために使用されます。

      例えば、HTMLを使用してウェブページの基本的な骨組みを作成し、CSSでテキストの色、フォント、レイアウトなどを指定することで視覚的に魅力的なウェブページを作成できます。

      PHP

      PHPは、動的なウェブページやウェブアプリケーションの開発に広く使用されるサーバーサイドのスクリプト言語です。

      PHPの主な特徴は、HTMLコードに直接組み込むことができる点にあります。

      これにより、開発者はデータベースとのやり取り、フォームの処理、ユーザー認証などの動的な機能を簡単にウェブサイトに統合できます。

      例えば、オンラインショッピングカートやコンテンツ管理システム(CMS)など、ユーザーの入力やデータベースの情報に基づいてリアルタイムでコンテンツを更新するアプリケーションにPHPは理想的です。

      PHPはWordPressなどの人気CMSで広く利用されており、その使いやすさと柔軟性から初心者にも人気があります。

      Python

      Pythonは、その読みやすい構文と書きやすさで知られる汎用プログラミング言語です。

      初心者にも理解しやすく、学習曲線が比較的緩やかであるためプログラミング初学者にもおすすめされます。

      Pythonはウェブ開発、データサイエンス、人工知能(AI)、科学計算など幅広い分野で使用されています。

      例えばデータ分析では、PandasやNumPyといったライブラリを使用して複雑なデータ操作を簡単に行うことができます。

      また、TensorFlowやKerasといったライブラリを利用してAIや機械学習のモデルを構築することも可能です。

      C#

      C#(シーシャープ)は、Microsoftによって開発されたオブジェクト指向プログラミング言語で、.NETフレームワーク上で動作します。

      C#はその強力な型システムと豊富なライブラリにより、Windowsアプリケーション、ゲーム開発、ウェブサービスなど多岐にわたるアプリケーションの開発に適しています。

      特に、Unityエンジンを使用したゲーム開発では、C#が主要なプログラミング言語として採用されています。

      C#は高いパフォーマンスと効率的なメモリ管理が特徴で、複雑なアプリケーションの開発にも適しています。

      Ruby

      Rubyは、その人間中心の設計哲学と自然な構文で知られるプログラミング言語です。

      読みやすく書きやすいコードを重視しており、開発者が直感的にプログラミングできるように設計されています。

      特に、Ruby on Railsというフレームワークを使用したウェブアプリケーションの開発において、Rubyは大きな人気を博しています。

      Railsは「Convention over Configuration(設定より規約)」の原則に基づいており、開発者が煩雑な設定作業に時間を費やすことなくすばやくアプリケーションを構築できるようになっています。

      またRubyは、その豊富なジェム(ライブラリやプラグイン)により、機能の追加やカスタマイズが容易なため開発プロセスを迅速化できる特徴もあります。

      まとめ

      この記事では、ソフトウェアやアプリケーション開発を効率化するための様々な開発ツールについて解説してきました。

      開発ツールにはコード編集、デバッグ、コンパイル、テストなどをサポートするツールが含まれ、統合開発環境(IDE)やバージョン管理システム、継続的インテグレーションツールなどがあります。

      また、昨今はプログラミング知識がなくても使用できるノーコード開発ツールや、比較的少ない専門知識で利用できるローコード開発ツールの重要性が高まっているため、これらはプログラミング初心者には特におすすめの開発ツールと言えます。

      さらに、アプリケーション開発には適材適所のプログラミング言語があるため、この記事を参考にどの言語を用いるべきなのか、どの言語を学習すべきなのかの指標となれば幸いです。

      開発ツールや開発言語についてお悩みの方は、知識・経験に富んだJitera社に一度ご相談してみてはいかがでしょうか。

      コスト削減も課題解決も同時に実現

      「JITERA」で迅速
      ソフトウェア開発

      開発を相談する
      おすすめの記事

      その他のカテゴリー

      email-img
      メルマガ登録
      JITERA社内で話題になった生成AIトレンドをいち早くお届けします。
      Thank you!

      Jiteraのメールマガジン登録が完了しました。