【入門者必見】phpフレームワークのララベル(Laravel)とは?できることや、phpとの難易度比較、特徴、メリット・デメリットをわかりやすく解説!

PHPフレームワークの中でも特に人気を集めている「ララベル(Laravel)」は、その直感的な記法と強力な機能で開発者から高い評価を受けています。

しかし、多くの入門者にとってLaravelの概念やPHPとの関係性、メリットやデメリットなどは一見すると複雑に感じられる場合もあるかもしれません。

この記事では、Laravelの基本から特徴、PHPとの相性、開発の流れ、そしてPHPと比較した際の難易度までわかりやすく解説していきます。

これからPHPやLaravelについて学びたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

Nao Yanagisawa
監修者 Jitera代表取締役 柳澤 直

2014年 大学在学中にソフトウェア開発企業を設立

2016年 新卒でリクルートに入社 SUUMOの開発担当

2017年 開発会社Jiteraを設立
開発AIエージェント「JITERA」を開発

2024年 「Forbes 30 Under 30 Asia 2024」に選出

アバター画像
執筆者 hiro1120_writer

食品商社営業からシステムエンジニアへと転職後、バックエンドエンジニア(Java, PHP)として尽力。開発リーダーを含む上流工程〜下流工程に携わる。IT関連記事から芸能・法律など幅広ジャンルにて執筆。

\ IT知識がなくても大丈夫! /
エンジニアに簡単なアドバイスをもらう
記事についての気軽な質問や、システムの導入・社内での 活用の仕方などお気軽にご相談ください。

    会社名必須
    必須
    必須
    Eメール必須
    電話番号必須
    ご依頼内容必須

    その開発、見積もり段階で諦めていませんか?
    アプリ・システム開発の見積もりを取ったは良いものの、コストや開発期間・カスタマイズなどが要因で断念した・何社も見積もるのが大変だったなどの経験はありませんか?

    アプリ・システム開発は生成AIを活用することで、従来の開発ではあり得なかった、低コスト・高品質開発・スピード開発が同時に実現できます。

    ▼従来の開発とAIを使った開発の違い

    Jiteraなら、複雑なシステムも最短2ヶ月で開発!
    Forbes30 under 30 Asia に選出
    Jitera(CEO栁澤)はForbes「世界を変える30人」として評価されたAI技術を持つ開発会社です。

    システムソリューションを得意とし、新規事業からDX推進まで幅広いジャンルの開発⁨⁩実績があります。
    \開発予算100万円〜でもご相談ください/
    アプリ・システム開発のご相談はこちら

    ララベル(Laravel)とは?ララベルの基本を解説

    ララベル(Laravel)はPHPを基盤としたモダンなWebアプリケーションフレームワークであり、2011年にテイラー・オトウェルによって開発されました。

    このフレームワークは、その直感的な記法と強力な機能で開発者から高い評価を受けており、特にWeb開発における生産性の向上と保守性の高さで知られています。

    MVC(Model-View-Controller)アーキテクチャを採用しており、アプリケーションのロジックとプレゼンテーションの分離を促進するため開発プロセスをより効率的かつ管理しやすくしています。

    Laravelは分業開発をしやすくしており、コードの可読性と拡張性を高めることで開発者がより複雑なアプリケーションを簡単に構築できるように設計されています

    また、豊富な機能セット、包括的なドキュメント、広範なコミュニティサポートによりPHP開発者にとって魅力的な選択肢となっていることは間違いないでしょう。

    しかし、その多機能性が処理速度の低下を招くことや、高い自由度がコードの煩雑化を引き起こす可能性があるなどいくつかのデメリットも存在するといえます。

    Laravel(ララベル)の特徴とメリット

    ララベル(Laravel)はPHPに基づいたモダンなWebアプリケーションフレームワークであり、その設計は開発の効率性と保守のしやすさに重点を置いています。

    MVC(Model-View-Controller)アーキテクチャを採用し、アプリケーションのロジック、データ、プレゼンテーションを効果的に分離することで開発者は各部分を独立して作業でき、チームでの分業開発が行いやすくなっています。

    ララベルは共通のWeb開発タスクを簡単に実行できる豊富な機能セットを備えているため、開発会社は迅速にプロジェクトを立ち上げて短期間で成果を出すことも可能になるでしょう。

    また、ララベルのコードは非常に読みやすく保守性が高いため、長期的な保守・運用コストを削減し、アプリケーションの寿命を延ばすこともできます。

    ここではそのメリットについてそれぞれの項目で解説していきます。

    開発生産性が高い

    ララベルの提供する高い開発生産性は、開発会社にとって大きなメリットとなります。

    ララベルは、ルーティング、認証、セッション管理、キャッシングなど、Web開発における共通タスクを簡単かつ迅速に実行できる豊富な機能を提供しています。

    そのため、開発フェーズをスムーズに進められプロジェクトの立ち上げから完成までの時間が大幅に短縮できます。

    さらに、ララベルの直感的なAPIは開発者がより少ないコードでより多くの機能を実装できるため、特にタイトなスケジュールや限られた予算内で高品質のWebアプリケーションを求めるクライアントの相談があったとしても実現が可能となります。

    すでに様々な機能が提供されていて開発が比較的楽になるという点が開発者にとっては圧倒的なメリットといえるでしょう。

    保守・運用コストを抑えられる

    ララベルのもう一つの重要なメリットは、保守・運用コストの削減ができることです。

    ララベルのコードは非常に読みやすく保守性が高いため、将来的な機能拡張やバグ修正もスムーズに行えます。

    そのため、アプリケーションの長期的な運用における時間とコストの節約が可能です。

    また、ララベルの強力なコミュニティと広範囲なドキュメントは、開発者が開発で困った時の判断材料や機能実装のヒントに大きく役立てられるでしょう。

    さらに、ララベルのテスト機能はアプリケーションの品質を維持しながらバグや不具合のリスクを最小限に抑えることを可能にするため、開発会社がララベルを採用することでクライアントは長期的な視点でコスト効率の高いアプリケーション運用を実現できます。

    ララベルを開発会社に委託するデメリット

    ララベルは使いやすさと機能の豊富さで多くの開発者に選ばれていますが、プロジェクトの規模や開発チームのスキルレベルによっては期待した成果を得られない可能性もあるため、開発会社に委託する際にはいくつかのデメリットも考慮する必要があります。

    ここでは、ララベルを使用する際の潜在的な課題とプロジェクトに与える影響について詳しく掘り下げていきます。

    習熟度に依存しやすい

    ララベルで実装することでPHP開発の生産性を大幅に向上させることができますが、このフレームワークの全機能を最大限に活用するにはある程度の習熟度が必要といえるでしょう。

    開発会社に委託する際、チーム内にララベルに精通したエンジニアが不足しているとフレームワークのもつ潜在的な力を引き出すことが難しくなります。

    特に、ララベル特有の機能や最適な実装パターンに不慣れな開発者がプロジェクトに参加すると、コードの品質が低下したり開発速度が遅れたりする可能性も考えられます。

    大規模案件に向かない

    ララベルは多くの場合が中小規模のプロジェクトに適していますが、大規模なウェブアプリケーションや高いトラフィックが予想されるサービスにはあまり最適とはいえないかもしれません。

    ララベルの構造上、複雑なクエリや大量のデータ処理を伴うアプリケーションではパフォーマンスの問題が発生することがあります。

    また、ララベルアプリケーションのスケーリングは、設計段階で適切なアーキテクチャを考慮しなければ後から大幅な修正が必要になることもあります。

    これらの問題は、特にリアルタイム性が求められるアプリケーションや短期間での急激なユーザー増加が予想されるサービスにおいて顕著に現れてしまいます。

    開発会社に委託する際には、プロジェクトの規模や将来の成長を見越してララベルが本当に適切な選択肢であるかを慎重に検討する必要があるといえるでしょう。

    PHPとの相性

    ララベル(Laravel)はPHP言語を基盤として開発されたフレームワークであり、PHPとの相性は非常に良いです。

    PHPはサーバーサイドスクリプト言語としてECサイト案件をはじめとする様々なバックエンド処理に広く採用されており、動的なWebアプリケーションの開発に適しています

    ララベルはPHPの強力な機能を活用しつつ開発プロセスを簡素化してくれ、より効率的で読みやすいコードの作成を可能にしてくれます。

    PHPの最新バージョンでは、型宣言、名前空間、匿名関数、トレイトなどの機能が導入されており、これらはララベルでフルに活用されています。

    例えば、名前空間を使用することでクラス名の衝突を避けることができ、コードのモジュール性と再利用性が向上しています。

    また、トレイトを利用することで異なるクラス間でメソッドを共有することが可能になり、コードの重複も減らすことができます。

    ララベルはComposerとの連携も非常にスムーズといえるでしょう。

    ComposerはPHPの依存関係管理ツールでありライブラリやパッケージの管理ができ、ララベルプロジェクトを開始する際はComposerを使用してララベルフレームワーク自体や必要なパッケージを簡単にインストールできます。

    これにより、開発者は依存関係の解決に時間を費やすことなく、実際のアプリケーション開発に集中できる点が魅力です。

    さらにララベルはEloquent ORMを提供しており、これはPHPで書かれたオブジェクトリレーショナルマッピングです。

    Eloquentを使用することでデータベース操作を直感的なPHPコードで行うことができ、SQLクエリの直接的な記述を避けることができます。

    そのため、PHP開発者がデータベースとのやり取りをより簡単に、そしてより安全に行えるようになります。

    これらの特徴から、ララベルはPHP開発者にとって非常に魅力的なフレームワークであり、品質の高いコードを書く際におけるPHPとの相性が非常に良いといえるでしょう。

    phpとララベルを使った開発の流れ

    phpとララベルを使った開発の流れ

    phpとララベルを用いた開発は柔軟性が高いためWebアプリケーション開発を大幅に効率化してくれますが、事前に流れを把握しておくことも大切です。

    ここでは、初期の環境構築からアプリケーションの具体的な開発、そして最終的なデプロイメントに至るまでの一連のステップをを具体的に解説していきます。

    環境構築

    開発の第一歩は、適切な環境構築から始まります。

    Linuxサーバー上にPHPとララベルをインストールすることが一般的ですが、WindowsやMacなど他のOS上でも同様にセットアップ可能です

    ComposerやPHPのパッケージマネージャーを使用することで、ララベルフレームワークのインストールやプロジェクトの依存関係管理が簡単になるでしょう。

    例えば、新しいララベルプロジェクトを始めるには、ターミナルで以下のコマンドを実行します。

    composer create-project --prefer-dist laravel/laravel myProject

    このコマンドは、myProjectという名前の新しいララベルプロジェクトを作成し、必要な依存関係を自動的にインストールします。

    また、データベースの設定もこの段階で行います

    .envファイルを編集し、データベース接続情報(DBホスト、DB名、ユーザー名、パスワードなど)を設定します。

    アプリケーション開発

    次にララベルのMVC(モデル-ビュー-コントローラー)アーキテクチャに従い、アプリケーション開発を進めます

    まず、データベースとのやり取りを担うモデルクラスを定義します。

    ララベルのEloquent ORMを使用することで、データベーステーブルと対応するモデルクラスを簡単にマッピングできます。

    次に、ユーザーインターフェースを担当するビューを作成します。

    ララベルのBladeテンプレートエンジンを使用することで、PHPコードを直接HTMLに埋め込むことなく動的なコンテンツを生成できます。

    最後に、ユーザーからのリクエストを受け取り、適切なモデルとビューを呼び出すコントローラーを実装します。

    ララベルでは、Artisanコマンドラインツールを使用してコントローラーやモデル、その他のクラスの雛形を簡単に生成できます。

    例えば、新しいコントローラーを作成するには以下のコマンドを実行します。

    php artisan make:controller MyController

    このプロセスを通じてデータベースの操作、ビジネスロジックの実装、ユーザーインターフェースの設計などアプリケーションの各構成要素を段階的に開発していきます。

    また、ララベルの多くの組み込み機能(認証、セッション管理、ルーティングなど)を活用することで、開発プロセスをさらに加速させることができます。

    このように、phpとララベルを使った開発によって効率的に作業を進めることがで、さらにララベルの強力な機能とPHPの柔軟性を組み合わせることで、高品質なWebアプリケーションの開発が可能となります。

    phpとララベルの難易度比較

    特徴 php ララベル
    学習曲線 初心者に優しい。基本的なWeb開発の概念を理解していれば比較的学びやすい。 MVCアーキテクチャやオブジェクト指向プログラミングなど、高度な概念の理解が必要。
    開発速度 基本的な機能の実装は簡単だが、複雑なアプリケーションになると手間がかかる。 フレームワークが提供する豊富な機能とテンプレートにより、開発速度が大幅に向上。
    コードの再利用性 標準化されたコーディング規約がないため、再利用性が低い場合がある。 MVCアーキテクチャにより、コードのモジュール性と再利用性が高い。
    コミュニティとサポート 広大なコミュニティと豊富なリソース。初心者から上級者まで幅広いサポートが利用可能。 Laravelも活発なコミュニティを持ち、多くのリソースが利用可能。ただし、特定の問題に対する解決策を見つけるのが難しい場合がある。
    セキュリティ 基本的なセキュリティ機能は提供されるが、高度なセキュリティ対策は開発者の責任。 セキュリティがフレームワークに組み込まれており、CSRF保護、XSS保護などが標準で提供される。
    パフォーマンス 軽量なスクリプトで高速に動作するが、大規模なアプリケーションでは最適化が必要。 フレームワークとしてのオーバーヘッドがあるが、キャッシングや最適化により高速なパフォーマンスを実現。
    適用範囲 シンプルなWebサイトから中規模のアプリケーションまで幅広く対応。 中規模から大規模、複雑なビジネスロジックを持つアプリケーションの開発に適している。

    phpとララベルは、Web開発の世界で広く利用されている技術です。

    phpはサーバーサイドのスクリプト言語としてWeb開発の基礎を形成しており、phpはその直感的な構文と柔軟性によりWeb開発の入門として最適なプログラム言語です。

    基本的なWebサイトやフォームベースのアプリケーションを短期間で構築できる反面、アプリケーションの規模が大きくなるにつれて、コードの管理やセキュリティ対策など開発の複雑さが増します。

    一方、ララベルはphpを基にしたフレームワークであり、開発プロセスを効率化してより複雑なアプリケーションの構築を可能にします

    ララベルはセキュリティやテスト、データベースのマイグレーションなどの多くの高度な機能を提供しているため、開発者はアプリケーションのビジネスロジックに集中でき、開発時間の短縮と品質の向上が期待できるでしょう。

    ただし、ララベルの学習曲線は比較的急であり、フレームワークの構造や概念を理解するためにはある程度のphpの知識と経験が必要となります。

    phpはWeb開発の基礎を学ぶには最適な言語ですが、複雑なアプリケーションを効率的に開発するためにはララベルのようなフレームワークの利用を検討する価値があるといえるでしょう。

    ララベル(Laravel)のまとめ

    ララベル(Laravel)はPHPを基にしたフレームワークで、直感的な記法と充実した機能で開発者に人気です。

    MVCアーキテクチャを採用しており開発の効率化と保守のしやすさを提供していますが、フレームワークの全機能を活用するには高い習熟度が求められます。

    また、大規模プロジェクトにはパフォーマンスの面で不向きな場合があり、PHPと比較するとララベルは開発速度とコードの再利用性が高い一方で、学習曲線が急であるという特徴があります。

    PHPは基本的なWeb開発に適しており初心者にも学びやすい言語ですが、複雑なアプリケーションの開発にはララベルのようなフレームワークが有効です。

    PHPを用いた開発を行う際は、ララベルを用いた開発を行うことをおすすめします。

    ララベルに関する質問や案件のご相談などがある場合は、知識と経験が豊富な株式会社Jiteraへ一度ご相談してみてはいかがでしょうか?

    コスト削減も課題解決も同時に実現

    「JITERA」で迅速
    ソフトウェア開発

    開発を相談する
    おすすめの記事

    その他のカテゴリー

    email-img
    メルマガ登録
    JITERA社内で話題になった生成AIトレンドをいち早くお届けします。
    Thank you!

    Jiteraのメールマガジン登録が完了しました。