HTMLコメントアウトの超基本!複数行やショートカットなどの書き方を具体例や注意点とともに解説

HTMLのコメントアウトは、プログラムを書いていく上で頻繁に使用されますが、この記事ではHTMLコメントアウトの基本から応用、さらには効果的なコメントアウト戦略までを幅広く解説していきます。

初心者から上級者まで役立つ内容で、コメントアウトの書き方の基本から複数行のコメントアウト方法、ショートカットキーの活用、そして注意点までを具体例とともに詳しく説明していきます。

HTMLコーディングのスキルを向上させたい方はぜひ参考にしてみてください。

Nao Yanagisawa
監修者 Jitera代表取締役 柳澤 直

2014年 大学在学中にソフトウェア開発企業を設立

2016年 新卒でリクルートに入社 SUUMOの開発担当

2017年 開発会社Jiteraを設立
開発AIエージェント「JITERA」を開発

2024年 「Forbes 30 Under 30 Asia 2024」に選出

アバター画像
執筆者 hiro1120_writer

食品商社営業からシステムエンジニアへと転職後、バックエンドエンジニア(Java, PHP)として尽力。開発リーダーを含む上流工程〜下流工程に携わる。IT関連記事から芸能・法律など幅広ジャンルにて執筆。

\技術的な質問・コードの書き方もすぐに回答!/
開発・システムについて無料相談する
記事についての気軽な質問や、開発における進め方などお気軽にご相談ください。

    会社名必須
    必須
    必須
    Eメール必須
    電話番号必須
    ご依頼内容必須

    その開発、見積もり段階で諦めていませんか?
    アプリ・システム開発の見積もりを取ったは良いものの、コストや開発期間・カスタマイズなどが要因で断念した・何社も見積もるのが大変だったなどの経験はありませんか?

    アプリ・システム開発は生成AIを活用することで、従来の開発ではあり得なかった、低コスト・高品質開発・スピード開発が同時に実現できます。

    ▼従来の開発とAIを使った開発の違い

    Jiteraなら、複雑なシステムも最短2ヶ月で開発!
    Forbes30 under 30 Asia に選出
    Jitera(CEO栁澤)はForbes「世界を変える30人」として評価されたAI技術を持つ開発会社です。

    システムソリューションを得意とし、新規事業からDX推進まで幅広いジャンルの開発⁨⁩実績があります。
    \開発予算100万円〜でもご相談ください/
    アプリ・システム開発のご相談はこちら

    HTMLコメントアウトの基本

    HTMLのコメントアウトは、コード内でのメモ一時的なコードの無効化に役立ちます。

    ここでは、コメントアウトの基本的な書き方とその重要性について、具体例を交えて解説していきます。

    コメントアウトの基本の書き方

    HTMLでのコメントアウトは、<!---->で囲まれた部分がコメントアウトされます

    この記号の間に記述されたテキストやコードはブラウザに表示されません

    例えば、

    <p>表示されるテキスト</p><!-- <p>表示されないテキスト</p> -->

    のように書くと、2番目の段落はウェブページに表示されません。

    そしてコメントアウトは、コードの読みやすさを保つためにも役立ちます。

    特に、複雑なコードや後で見直す必要がある部分には、その目的や理由をコメントで記述すると良いでしょう。

    また、テストをしたりちょっとした動作確認をしたい場合にも、一時的にコードの一部を無効化できます。

    コメントアウトを書く理由

    コメントアウトは、コード内でのコミュニケーション方法としても利用される場合があります。

    特に、複数の開発者が関わるプロジェクトでは、コードの意図や目的を明確に伝えるために重要な役割を果たします。

    例えば、特定のスタイルが適用されている理由や将来的に特定の機能を残しておく必要がある場合など、その背景をコメントで説明できます。

    また、デバッグ中に一時的にコードを無効化する際にもコメントアウトが役立ちます。

    これにより、コードの一部を削除せずに済むため後で元に戻すことが簡単になります。

    コメントアウトはコードの可読性を高め、チーム内の効率的なコミュニケーションや作業効率を促進するために不可欠な要素です。

    複数行のコメントアウト方法

    HTMLで複数行のコメントアウトを行う方法は、単一行のコメントアウトと同様に、<!---->のタグを使用しますが、複数行にわたるコードを囲む形で適用します。例えば、あるセクションのHTMLコードを一時的に非表示にしたい場合、以下のようにします。

    <!--

    <p>この段落はコメントアウトされます。</p>

    <div>

    <h2>この見出しもコメントアウトされます。</h2>

    <p>このテキストも表示されません。</p>

    </div>

    -->

    この例では、<p>タグで囲まれた段落から<div>タグで囲まれたセクション全体までを複数のHTML要素がコメントアウトされています。

    この方法は、特に大規模なウェブページや複雑なレイアウトを持つページで役立ちます。

    開発中に特定のセクションを一時的に非表示にしたり、将来的に使用する可能性のあるコードを保持しておく場合に便利です。

    また、コメントアウトされたセクションはブラウザによって解釈されずにウェブページ上には表示されませんが、ソースコード上ではそのまま読むことができます。

    これにより、他の開発者がコードを見た際にコメントアウトされた部分の目的や理由を理解しやすくなります。

    ショートカットキーの活用

    プログラミングにおいて、ショートカットキーの活用は作業効率を大幅に向上させる重要な要素です。

    特にHTMLの編集においては、コードのコメントアウトやフォーマット調整など、頻繁に行う操作をショートカットキーで素早く実行できます。

    例えば、人気の高いエディタ「Visual Studio Code」では、Windowsでは Ctrl + / キー、Macでは Cmd + / キーのショートカットで選択した行をコメントアウトすることができます。

    これは、複数行を選択している場合にも適用されるので一括でコメントアウトを行うことが可能です。

    また、別の一般的なエディタである「Sublime Text」でも同様のショートカットキーが利用できます。

    さらにこれらのエディタでは、コードのフォーマットを整えるためのショートカットキーも用意されています。

    例えば、Visual Studio Codeでは Shift + Alt + F(Windows)や Shift + Option + F(Mac)を使って、コードのインデントやスペーシングを整理できます。

    これらのショートカットキーは、何十、何百と繰り返される同じ操作を迅速に行えるために非常に便利です。

    特に大規模なプロジェクトや複数のファイルを扱う際には、これらのショートカットを活用することで時間の節約だけでなく、余計なエラーの減少にも繋がります。

    プログラミングの効率を上げるためには、これらのエディタのショートカットキーを積極的に活用していくことをおすすめします。

    HTMLコメントの書き方の注意点

    HTMLのコメントアウトはコードの可読性を高めるために重要ですが、適切に使用しないと逆効果になることもあります。

    ここでは、HTMLコメントの書き方におけるいくつかの重要な注意点について解説していきます。

    不必要なコメントはいれない

    HTMLコードに不必要なコメントを多用すると、コードが読みにくくなりメンテナンスの効率が低下してしまいます。

    例えば、自明なタグや一般的な構造に対してコメントを付ける必要はありません。

    重要なのは、コードの意図や複雑な部分を明確にするためのコメントです。

    過剰なコメントは、コードの見通しを悪くするだけでなく、次に改修する時に不要な古いコメントが残るリスクも高まります。

    ソースコード上では表示されてしまう

    HTMLのコメントは、ブラウザのソースコードビューで見ることができます。

    そのため、機密情報や内部メモをコメントとして記述するのは避けるべきです。

    例えば、ユーザー名やパスワード、開発中の機能に関する詳細など、外部に漏れると問題になる情報はコメントに含めないようにしましょう。

    コメントタグを入れ子にすることはできない

    HTMLでは、コメントタグを入れ子にすることはできません。つまり、コメント内に別のコメントを含めることはできないのです。

    これを無視するとコメントの終了タグが早期に解釈されてしまい、意図しないコードが表示される可能性があります

    コメントを正しく閉じることで、このような問題を避けることができます。

    -(ハイフン)は使用しない

    HTMLコメントの開始 (<!--) や終了 (-->) タグにはハイフンが含まれています。コメント内でハイフンを連続して使用すると、コメントの終了と誤解される可能性があります。

    例えば、

    <!– コメント — これもコメント –>

    のように書くと、間違ってコメントが終了してしまうことがあります。

    PHPタグ内ではコメントアウトできない

    HTMLコメントはPHPコード内では機能しません

    PHPコード内でHTMLコメントを使用しようとすると、PHPの解析が正しく行われずにエラーの原因になります。

    PHPコードをコメントアウトする場合は、PHPのコメント構文(///* */)を使用する必要があります。

    WordPressでは注意が必要

    WordPressのテーマやプラグインの開発では、HTMLコメントの使用に注意が必要です。

    特に、テーマファイルやプラグインのPHPコード内でHTMLコメントを使用すると、意図しない出力が発生することがあります。

    WordPressでは、PHPのコメント構文を適切に使用してHTMLとPHPのコードを明確に区別することが重要です。

    HTMLコメントアウトの応用例

    HTMLコメントアウトは単にコードを非表示にするだけでなく、コードの管理をするためなど多様な用途に活用できます。

    開発現場ではコメントアウトを使ってコードの構造を明確にしたり、重要なメモを残したりすることが一般的です。

    ここでは、実際の開発現場でよく使われるHTMLコメントアウトの応用例をいくつか紹介し、具体的なHTML例を紹介していきます。

    タグ構成をわかりやすくする

    大規模なHTMLファイルでは、特定のセクションや機能を簡単に識別できるようにコメントアウトを使用してタグの構成をわかりやすくします。

    例えば、

    <!– ヘッダー開始 –>

    <!-- ヘッダー終了 -->

    というコメントを使って、ヘッダー部分の開始と終了を明示することができます。

    この方法は、一目でヘッダーの開始と終了がわかるためよく使われています。

    注意書きを残す

    開発中に特定のコードに対して注意点や説明を残すためにもコメントアウトが有効です。

    例えば、

    <!– TODO: このセクションのスタイルを後で更新する –>

    というコメントを挿入して、後で行うべき作業を記録しておくことができます。

    このようなコメントは、後でコードに戻ったときや他の開発者がコードを見たときに迅速に状況を理解するのに便利なためよく使用されています。

    テスト用コードを残す

    新しい機能をテストする際やデバッグ中に、一時的にコードを非表示にする必要がある場合があります。

    このような状況でコメントアウトを使うと、コードを削除することなく一時的に無効化できます。

    例えば、

    <!– テスト中の新機能 –> <div>新機能のコンテンツ</div> <!– テスト終了 –>

    として、テストが終わるまで特定のセクションを非表示に保つことができます。

    新機能のテストをしながら既存のソースもテストできるため便利な用途として使用されています。

    非表示のコンテンツを表示する

    場合によっては、特定の条件下でのみ表示されるべきコンテンツを持つページがあります。

    コメントアウトを使って、これらのコンテンツを標準では非表示にし、必要に応じて表示を切り替えることなどができます。

    例えば、

    <!– 非表示の特別オファー <p>限定割引情報</p> –>

    として、特定のユーザーにのみこの情報を表示するように設定することが可能です。

    この方法は、プロモーションやイベントなどの特定の状況で有用です。

    総合的なコメントアウト戦略

    効果的なコメントアウト戦略は、プログラミングにおいてコードの可読性とメンテナンス性を大幅に向上させます。

    適切にコメントを使用することで、コードの目的、機能、複雑なロジックの理解が容易になり、チームメンバー間でのコミュニケーションがスムーズになります

    ここでは、関数やメソッド、変数、コードの動作を説明するためのコメントアウトのベストプラクティスを、具体的なHTML例とともに紹介していきます。

    関数やメソッドの目的や動作を説明するコメント

    関数やメソッドのコメントアウトは、その機能や目的、使用方法を明確にするために重要です。

    例えば、JavaScriptの関数に対して、

    /* この関数はユーザーの入力を検証し、エラーがあればアラートを表示します。

    引数: user_input - ユーザーからの入力値 */

    というコメントを付けることで、他の開発者がその関数の使用目的と方法をすぐに理解することができます。

    変数の目的や値を説明するコメント

    変数に対するコメントは、その変数が何を表しているのか、どのような値を持つ可能性があるのかを説明するのに役立ちます。

    例えば、

    var userStatus = 'active';  // ユーザーの現在の状態。'active'または'inactive'の値を取ります

    というコメントを付けることで、変数の意味と期待される値の範囲を示すことができます。

    コードの動作を説明するコメント

    特に複雑なロジックや重要なビジネスルールを含むコードのセクションでは、その動作を詳細に説明するコメントが非常に有効です。

    例えば、

    if (user.age >= 18) { // ユーザーが18歳以上の場合、成人として扱います

    というコメントを付けることで、条件分岐の意図を明確に伝えることができます。

    HTMLコメントアウトまとめ

    この記事では、HTMLのコメントアウトの基本から応用、さらには効果的なコメントアウト戦略までを幅広く解説してきました。

    これまで紹介してきたHTMLでのコメントアウトの基本的な書き方、複数行のコメントアウト方法、ショートカットキーの活用、そして注意点は初心者にとっては非常に役立つ内容です。

    HTMLコーディングのスキルを向上させたい方は、まずはこの記事の内容を理解することをおすすめします。

    また、開発現場ではより複雑で何千行と書かれたコードを見ることになるため、実際の現場にアサインするとより効果を実感できるかと思います。

    HTMLに限らず、開発についてのノウハウなどにお悩みの方は、経験と実績が豊富なJitera社に一度ご相談してみてはいかがでしょうか。

    コスト削減も課題解決も同時に実現

    「JITERA」で迅速
    ソフトウェア開発

    開発を相談する
    おすすめの記事

    その他のカテゴリー

    email-img
    メルマガ登録
    JITERA社内で話題になった生成AIトレンドをいち早くお届けします。
    Thank you!

    Jiteraのメールマガジン登録が完了しました。